So-net無料ブログ作成
検索選択

五月大歌舞伎 昼の部 [着物で歌舞伎]

一、敵討天下茶屋聚(かたきうちてんがぢゃやむら)

  浮田館
  四天王寺
  東寺貸座敷
  福島天神の森
  天下茶屋聚

      安達元右衛門/東間三郎右衛門  幸四郎
                早瀬伊織  梅 玉
                妻染の井  魁 春
               早瀬源次郎  錦之助
                 妻葉末  高麗蔵
               坂田庄三郎  友右衛門
               岡船岸之頭  桂 三
               田楽師松阿  廣太郎
               田楽師竹阿  廣 松
                 奴腕助  錦 吾
                安達弥助  彌十郎
                京屋萬助  歌 昇
               片桐造酒頭  歌 六
               早瀬玄蕃頭  段四郎
             人形屋幸右衛門  吉右衛門


宇喜田秀家の家臣林源三郎が、父と兄の敵である当麻三郎右衛門を大阪の天下茶屋で討った事件を劇化した作品。

最近いつもモゴモゴとしゃべってセリフが良く聞こえないと感じる幸四郎ですが、今月はそんな事もなく久しぶりに落ち着いて観られました。初役だったのが幸いしたのか、笑?

ただ、酒で失敗して敵側に寝返る小悪党の元右衛門と敵のボスキャラの東間三郎右衛門の二役を幸四郎が演じる意味がワカラン。キャラの違いがハッキリ感じられないじゃん。

今回印象に残ったのは梅玉演じる早瀬伊織。乞食に身を落としても漂う品格に「これでもか」と襲いかかる不幸が実に良く似合う。苦労の末に本懐を遂げる姿を見届けられる喜びは、色々と我慢したもの、笑、が味わう事のできる通し狂言の醍醐味ですな。それ故にもう少し最後の仇討ちシーンを盛り上げて欲しかったけど。

今回の席はこのエリア↓

seat.jpg

ここでも見えない部分がある事は変わりないんだけど、今まで色々と座った3階B席の中では一番ましかも。舞台はこんな感じ。

IMG_0379.jpg

花道は見える。

IMG_0380.jpg

この日は紅花紬に博多帯で出掛けました。もっと単衣が欲しい、、

RIMG0045.jpg






nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

五月大歌舞伎 夜の部 [着物で歌舞伎]

一、籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)

  発端 戸田川原お清殺しの場より
  大詰 立花屋大屋根捕物の場まで

             佐野次郎左衛門  吉右衛門
                 八ツ橋  福 助
              立花屋おきつ  魁 春
                  九重  芝 雀
                下男治六  歌 昇
                盲の文次  錦之助
                  七越  高麗蔵
                腹太弥七  松 江
               禿山の松蔵  種太郎
             初菊/娘お千代  壱太郎
              赤目の卯左吉  種之助
               土竜の石松  米 吉
                  お清  歌 江
               絹商人丈助  桂 三
              絹商人丹兵衛  由次郎
                釣鐘権八  彌十郎
                都築武助  歌 六
              佐野次郎兵衛  段四郎
              立花屋長兵衛  東 蔵
           高松安之進妻おとし  秀太郎
               繁山栄之丞  梅 玉
               立花屋お駒  芝 翫


二、あやめ浴衣(あやめゆかた)

                 若い女  芝 雀
                 若い男  錦之助
                 若い男  歌 昇



いつもは「見染の場」からスタートする籠釣瓶花街酔醒だけど、今月は発端の「お清殺しの場」から大詰め「大屋根捕り物」までの通し狂言ととなり、佐野次郎左衛門の顔が醜くなった原因と籠釣瓶が手に入った経緯がわかるようになってます。

どういう因果を次郎左衛門が纏っているのかが分かり良い試みだとは思うのですが、明治以来の上演という事でどの俳優も台詞がかなり怪しいし動きにも戸惑いが感じられて、全体的に非常にぎこちない舞台に居心地の悪さを感じました。

「見染の場」以降はうって変って舞台が活き々と動きだし惹き付けられます。いつも下品な方向に走る福助に心配していたのですが、今回の八ッ橋では抑えめに演じていて悪くなかったです。

吉右衛門の次郎左衛門は今まで演じた役柄の先入観からかもしれないけど、持ち上げられてはしゃいでいる時もどーも、どこか底の底に残忍さが感じられるんですよね〜。怖い人だなぁ。

大詰に「大屋根捕り物の場」があると気分的にはスッキリするけど、でも、殺しの後に「ハテ、籠釣瓶はよく切れるなあ。」で終わる方が不気味で断然良いですね。

「あやめ浴衣」は今の時期にぴったりの踊り。しかし浴衣っていっても所謂「浴衣」じゃないのね。帯結びはみんなそろって半幅を片流しにしていましたが。ちょっと色合いが暑苦しく見えたけど、そういうものなのかしら。しかし、最後が踊りだとやっぱりホッとします。

5月もまだ中盤だったこの日。一度単衣を着たら袷に戻るのは無理!って事で単衣の小紋で出掛けましたが、芝居が始まってから2列前の席に遅れてやってきた6、7人の着物軍団はきっちり袷をお召しでした。

みなさん奇麗に着物を着ておられ、「先生」と呼ばれている方がいらしたのでもしかしたら着付教室のグループなのかもしれません。彼女らが芝居の間中扇子でパタパタ扇いでいて、それがチラチラと目に入るのが目障りでちょっと困りました。場所にもよりますが、着物における季節のルールよりも守るべきルールがあるのではと感じ、我が身の戒めとしました。

RIMG0033.jpg


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

仁左狂い [着物で外出]

この前の日曜日、東京会館で行われた片岡仁左衛門チャリティーイベントに参加。内容は全2時間の内1時間30分位がトークショーで、その後お楽しみとして長唄『勧進帳』の演奏。

IMG_0353.jpg

写真撮影フリーって事でみなさん撮りまくりです。

RIMG0606.jpg

今まで仁左さまのトークってTVで歌舞伎の解説されたりと真面目な話しか聞いた事がなかったのでわりかしスクウェアな印象を持っていたのですが、なんのなんの。滑らかに笑いを取るまぎれもない関西人、物腰やわらかく、ピリッとしたユーモアを巧みに挟む、まさしく上方役者といった風情でありました。



震災や舞台に対する思いをお話された後は孝太郎さん、千之助くんが登場して次の舞台の紹介。千之助くんの話に仁左さまは相好を崩しっぱなし。

RIMG0603.jpg

トークショー後は秀太郎さんも加わった勧進帳の演奏で、鳥羽屋里長社中、杵屋栄津三郎社中、田中傳左衛門社中と共に、仁左さまは三味線を演奏されました。

RIMG0610.jpg

この日は天気予報によると日中の予想気温は25度との事で、でかける寸前まで迷ったんだけど先日の反省をふまえて思いっきりフライングして単衣の紬に絽の羽織で出掛けました。それでも暑くて汗びっしょり。袷、ムリ!

RIMG0580.jpg


この日集まった寄付金776万1940円は日本赤十字社へ。仁左さまは一時のムードではなくこれからも継続的に支援を続けて行きたいと語り、イベントを締めくくりました。

【おまけ】
おばさん二人に挟まれてイイ迷惑な千之助くん。

RIMG0075.jpg

話を聞いていると凄くしっかりして頭の回転の早い子だと感じました。将来やってみたい演目は 『かさね』だそうです。頼もしいっすね〜。



nice!(3)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

四月大歌舞伎 夜の部 [着物で歌舞伎]

一、絵本太功記(えほんたいこうき)

  尼ヶ崎閑居の場

                武智光秀  團十郎
                   操  魁 春
               武智十次郎  時 蔵
                  初菊  菊之助
                佐藤正清  三津五郎
                  皐月  秀太郎
                真柴久吉  菊五郎


二、男女道成寺(めおとどうじょうじ)

        白拍子桜子実は狂言師左近  松 緑
               白拍子花子  菊之助


三、権三と助十(ごんざとすけじゅう)

                  権三  三津五郎
                  助十  松 緑
                  助八  亀三郎
              願人坊主雲哲  亀 寿
             小間物屋彦三郎  梅 枝
              願人坊主願哲  巳之助
              左官屋勘太郎  市 蔵
                石子伴作  権十郎
               猿廻し与助  秀 調
             権三女房おかん  時 蔵
              家主六郎兵衛  左團次


一、絵本太功記

今回の席は3階席右側の1列目のかなり舞台寄り。ここでも上手半分見えず。で、時間が経ってしまったこともあり「絵本太功記」の印象が全く思い浮かばず。簡単にでもメモっておけば良かった、大いに反省。

二、男女道成寺

あまりにも見えないので隣の人に「どの位まで乗り出してもいいですか?」と聞いたら「手すりいっぱいまで大丈夫ですよ!」と言われて以降は乗り出し観劇。

道成寺モノは色々観ているけど「男女道成寺」は初めて。情緒とか、怨念という点では少しモノ足りない気がしたけど、若々しくエネルギッシュな松緑と菊之助の踊りは観ていてとても楽しく惹き付けられました。ご贔屓の種太郎くんをはじめ若手が所化を勤めていましたが、彼らとのやりとりもバラエティに富んでおり面白かったすね。

座席の関係で菊之助が見えにくいというのも関係しているかもだけど、今回目を惹いたのは松緑だったな。もともと彼の踊りは品もあるしキリっとしていて好きなんだけど、衣装の美しさも松緑のほうが際立って見えたし。

前の週末に桜が終わったばかりだったので、満開の桜がもう一度お花見気分にさせてくれたのも嬉しかったす。


三、権三と助十

大岡政談をもとにした岡本綺堂の作品ってことで、どんでん返しもありこれはもう完全に現在のミステリー小説。舞台となる江戸の長屋に住む様々な職業の人たちの暮らしや衣装などが非常に興味深い。

かなり大勢の人たちが「井戸替え」の為に綱を引いてでてくるんだけど、これがまた圧巻!ちなみに、井戸替えとは井戸水をくみ出して中を掃除する事で、夏の行事だったようです。

お芝居自体は、威勢よくテンポよく進んで楽しめましたが、松緑がずっと怒鳴っているのがうるさくてちょっと疲れた。

この日は義母から譲り受けた大島に博多帯で。暑いのでちょっと早い?と思いつつも上着は絽の羽織を着ました。

RIMG0563.jpg





nice!(2)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。