So-net無料ブログ作成

夏休み日記 [着物で外出]

毎年恒例なんだけど今年も夏休みは関西へ。

私は子供の頃から引っ越しが多かったんで特定の土地に対する思い入れってものがあまり無いんです。今両親が住んでいる実家にも住んだ事ないし、現在住んでいるマンションも賃貸なのでいつか出て行くワケだし。別に何処に住んだっていいんすよ。

そんな故郷の無い私にとっては、小学生の頃毎年夏休みの間中滞在した兵庫県にある母の実家での“思い出”こそが故郷だと思えるんすね。家自体はもうないし、祖父母も他界したけど。

今回も恒例、大阪に到着したその足で甲子園にて高校野球観戦。甲子園は本当に美しい球場で大好きだな。
_MG_4828.jpg

灼熱地獄だけどね。

kosien.jpg


翌日は日帰りで奈良に行って興福寺の国宝館で見た素晴らし過ぎる仏像に感動。ずらっと並ぶ八部衆立像が目に飛び込んで来た時など、文字通り息がつまって目眩がした。ガラスケースをとっぱらって、仏様を下から見上げるかたちの展示はまさに“拝む”時の角度なワケで、その効果が最大限発揮されとる。

金剛力士立像の彫刻としての強さと美しさにも惹き付けられるが、千手観音菩薩立像のパワーはさすがに圧巻。

_MG_4870.jpg

東大寺にも行って

_MG_4897.jpg

_MG_4909.jpg

鹿と戯れたりして、

_MG_4919.jpg

古い町並みがイイ感じのならまちを散策。

_MG_4923.jpg

そこで古民家を改装したおしゃれなカフェをみつけてランチ。“ヒヤシンスカフェ”

_MG_4945.jpg

ランチの味は悪くないが正直素人っぽかった。ボトルのワインを置いていればダラダラ飲むところだったがグラスしか無いのが残念。でもそう言う店じゃないんでしょう。女の子がケーキ食べながらお茶飲む店なんだろうな。

時間があまったのでここから春日大社へ。

_MG_4969.jpg

因に春日大社内の植物園入口にある甘味処「春日荷茶屋」はいいっすよ。なんか“ぎゅっ”とした感じがキュート。

_MG_4991.jpg

20年ぶりくらいに奈良に行ったけど、当時の、確かに古代の息吹を感じるがしかし何もかもがホコリをかぶって崩れ落ちてしまいそうだ、という印象とは全然違う。遷都1300年祭で整備したのかな。ブラッシュアップされて息を吹き返したという気が。京都よりユルいところも気持ちよくて、今度は泊まりがけでじっくりと観光したいと思いました。

夜は梅田にもどって宝塚在住の叔父に新梅田食道街にある叔父行きつけの店でおごってもらったりして、

_MG_5010.jpg

翌日は有馬温泉に一泊。
ここで泊まったのが「陶泉 御所坊」と言う旅館。

_MG_5068.jpg

一見普通の日本旅館み見えるけど、所謂徹底的な「和モダン」って感じの旅館。そういうのってインチキ臭く見える場合が多いんだけど、ここはかなり気合い入ってます。館内の作りは勿論、調度品や食器や備品に至るまで徹底的に趣味の良いモノにこだわってるって感じ。

今回我々は素泊まりだったんだけど、金額的なクラスでいうと箱根の富士屋ホテル位かな?有馬温泉に宿泊するならここは絶対におススメ!特に30代以上の女性にはすんごく喜ばれると思うよ。

ここでやっと着物の話だ、笑。温泉町って旅館の浴衣で外出してもいいワケだが、あの明らかに寝間着な浴衣で出掛けるのは躊躇われる。なのでわざわざ持って行きました。

_MG_5095.jpg

翌日は高所恐怖症なのにその恐怖に耐え、ロープーウェイで六甲ガーデンテラスに行ったけど、閑散として実に微妙な場所だった。

ただ、「グラニットカフェ」のテラス席でワインを飲むのは気持ちがよかったよ。

_MG_5133.jpg

_MG_5138.jpg

あと、神戸セレクト雑貨ショップ「ホルティ」って店があったんだが「ここは代官山か!」って感じのおしゃれな雑貨屋でした。こんな所にこれってアリ?と思ったけど、そう言えば年配の女性って観光地で「別にここで買わなくても、、」というような洋服やカバンを買ったりするじゃないですか。それを若者向けにするってのはアリなのかもしれないすね。

ここからロープーウェイ、電車を乗り継いで梅田へ。阪急電車の姿もある意味“故郷”。

_MG_5163.jpg

最後はやっぱり毎回一度は行かねば気が済まない、新梅田食道街の立ち飲み串カツ屋「松葉総本店」で一杯。ここ程居心地の良い立ち飲み屋は他にない。んで、ソースの味が中毒になります。

_MG_5166.jpg

この後新幹線で一路東京へ。あ〜!もっと遊んでいたかった。



nice!(0)  コメント(2) 

浴衣で銀座 [着物で外出]

7月最後の日曜日は「ゆかたで銀ぶら」なるイベントに参加するために銀座のホコ天へ。花火大会などと違って、オトナの浴衣姿が多くて見ていて楽しかったす。

景品が豪華だという噂の抽選会が一番の目的でしたが既に整理券の配布は終了。2時頃のこのこやってきても遅かったのね。

打ち水とか、氷の彫刻とか、涼を呼ぶ系のイベントが行われていましたが、この日はとても涼しかったもんでテンションさがり気味でした。ウロウロするには涼しくて良かったけど。

RIMG0148.jpg
氷を彫っているのを見ながら「シャチホコじゃね?」と思ったんだけど、正解は金魚でした〜。


RIMG0147.jpg
迷ったけど「銀座だしな〜」と思い結局長襦袢を着ました。帯は半幅の博多を角出し風に。


イベントからは早々に離脱し、ビールを求めて数寄屋橋交差点近く、COACHの地下にある「BAR & DINING CINQ」へ。なんでかってーと、この日は浴衣ならドリンク1杯タダだから。

初めて行った店だけど内装は銀座的な落ち着いた感じ。高いかも?!とビビったがそれほどでもなかったし、デキャンタで2800円の白ワインも美味しかったよ。ただ、我々のようにちょっとつまんで飲むつもりの客と、高いお金を払ってフレンチ(食べログにはフレンチと書かれているが、フレンチ?)を食べに来た客とでは印象が違うかも。


その後調子に乗って今度はスペインバルの「Vinuls(バニュルス)」へ。安いし土・日・祝はアイドルタイムがないのがちょい飲みには良いです。

RIMG0149.jpg

デキャンタで赤ワインを飲んだが、「CINQ」より1000円安かったのでまさに1000円安い味だった。ワインの味と値段の関係は実に正直だよ。



nice!(5)  コメント(6) 

歌舞伎チャリティー公演 [着物で歌舞伎]

第一、ご挨拶と黙祷

   幹部俳優出演

    ご挨拶  大谷信義 (松竹株式会社代表取締役会長)
         迫本淳一 (松竹株式会社代表取締役社長)
         中村芝翫 (社団法人日本俳優協会会長)
   黙祷発声  坂田藤十郎(社団法人日本俳優協会副会長)


第二、舞踊 東北民謡づくし

   『会津磐梯山』『チャグチャグ馬ッ子』『大漁唄い込み』『相馬盆唄』
   中村福助、中村翫雀、中村扇雀、中村橋之助、片岡孝太郎 ほか


第三、舞踊 『松島』

   尾上菊五郎、松本幸四郎、中村吉右衛門、市川團十郎、片岡仁左衛門、中村梅玉


第四、幕間 チャリティー物品販売(約50分)

   歌舞伎俳優によるチャリティー模擬店
   被災地のアンテナショップによる名産品の販売等


第五、舞踊 『石橋』

   市川染五郎、尾上松緑、尾上菊之助、市川海老蔵、中村勘太郎


RIMG0152.jpg

発表された時は、演目的にあまり惹かれるものがないな〜と思った今回のチャリティ公演でしたが、そこはさすがの一流どころ。想像以上に楽しめました。

特に、舞踊「東北民謡づくし」が良かった! 誰でも知っているような東北の民謡を長唄の演奏で踊った素踊りでしたが、民謡の持つ独特の土着性と粋な演奏や踊りによってソフィスティケイトされた部分とが上手くmixされていて、ちょっとワクワクしました。踊っているのが若手中心という事で溌剌として清々しいところも好印象。

早くこんな風に溌剌とした美しい東北が戻って来ますようにと祈らずにはいられませんでした。

次の『松島』は「お兄様方」による厳かな舞踊でしたが、歌舞伎座閉場式の時の『都風流 』の如く、皆さんそれぞれのソウルで踊っておられるので、ひとつの出し物として観るにはちょっと、ね、笑

『松島』終了後はお楽しみの物販会。

まずは9月に歌昇襲名公演を控えているご贔屓・中村種太郎さんから盛岡冷麺を購入。盛岡冷麺って食べた事ないけど美味しそう。

RIMG0155.jpg

興奮のあまりワケも分からず「ください!」と叫んだら「どれにしましょう?」と聞かれて「えーっと、何があるんですか」というミーハーおばさんぶり。握手してもらったど〜♪

その後はどこかにニザ様がいるのではと会場内をウロウロ。

役者さんたちの絵画やらサイン入りポスター、隈取りを布に写した押隈(おしぐま)などが売られているギャラリー(喫茶「かべす」の場所)は満員電車なみのギュウギュウで(時蔵さんや三津五郎さんがいたようです)、なにやらサイン購入権をめぐってジャンケン大会なども繰り広げられており、早々に離脱。

2階のバーカウンターでは澤瀉屋の皆さんがお酒を売っておられましたが、ちょっとホストの兄さんぽかったですね、笑。雀右衛門さんの皮ジャンなど役者さんの持ち物を販売するコーナーでは浴衣地なども売られていて、松島屋のものなら絶対買ってたんだけど、、。

1階正面の勘三郎さんをはじめとする中村屋さんの周辺は特に混雑していて通り抜けるのもひと苦労。汗が滝のように流れ、人波に押されて帯も解けんばかりの勢いですよ。

すると、出口近くの牛タンコーナーに浴衣姿のニザさまを発見!!!途中から飛び入り参加されたようでまだ群衆は気付いておらず、すいてるじゃありませんか!!こちらで利久の牛タンセットを購入し、な、な、なんとニザ様に握手してもらった〜〜〜。握手しながら「もう死んでもいいです!」と叫ぶとニザさまは「ハハハ、、」と爽やかに優しく笑ってくださいました。ああ、こんな日が来るなんて、生きててよかった、、

RIMG0151.jpg

その後は左團次さんから最中アイスを買って握手してもらい。「江戸の夕映え良かったです〜」などと生意気に話しかけ、コーフン覚めやらぬまま客席へ。

どの役者さんもそうですが、怪我人が出んばかりの大騒ぎにも嫌な顔ひとつぜす、一人々ニコやかに対応する姿はさすがだな〜と。だってプロ野球選手のサイン会などはブスっとして流れ作業な人が多いからね。

物販会後の演目『石橋』では今が旬な人気俳優5人の毛振りって事でえらい迫力でしたが、個人的には松緑さんと染五郎さん、特に染五郎さんの毛振りがキレイで目を惹いたかな。

ひとつ心配だったのは冒頭で挨拶をされる予定だった芝翫さんが欠席されていた事。お歳だからなぁ、。心配ですね。

この日の収益は約1千万円との事。寄付先は未定だそうですが、早く確実に必要な人のもとに届く方法を模索して欲しいです。

RIMG0129.jpg
「ティー公演」てなんだよ、的な。


公演終了後はオーガニックバール『バルコス』へ。こちらは特別ではないけど、銀座にしては値段も手頃で使い勝手の良い店です。

RIMG0011.jpg

が、友人と二人、ワケワカラなくなる程飲みまして、どうやって帰ってきたのか全く記憶なし。。




nice!(1)  コメント(6) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。