So-net無料ブログ作成

秀山祭九月大歌舞伎 昼の部・夜の部 [着物で歌舞伎]

昼の部


  再春菘種蒔

一、舌出三番叟(しただしさんばそう)

                 三番叟       染五郎
                  千歳  種太郎改め歌 昇


  恋飛脚大和往来

二、新口村(にのくちむら)

                 忠兵衛       藤十郎
                  梅川       福 助
               忠三郎女房       吉 弥
                孫右衛門       歌 六


  菅原伝授手習鑑

三、寺子屋(てらこや)

                 松王丸       吉右衛門
                  千代       魁 春
                  戸浪       芝 雀
              涎くり与太郎  種太郎改め歌 昇
                 菅秀才       玉太郎
                百姓吾作       由次郎
                園生の前       福 助
                春藤玄蕃       段四郎
                武部源蔵  歌 昇改め又五郎


四、勢獅子(きおいじし)

                鳶頭鶴吉       梅 玉
                鳶頭雄吉  種太郎改め歌 昇
                  鳶頭       松 江
                  鳶頭       亀 寿
                  鳶頭       種之助
                 手古舞       米 吉
                 手古舞       隼 人
                 手古舞       歌 江
                鳶頭亀吉       松 緑



夜の部


一、沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)

  二の丸乱戦の場
  城内山里糒庫の場
                  淀君       芝 翫
                豊臣秀頼  歌 昇改め又五郎
                  千姫       芝 雀
              大住与左衛門       錦之助
                石川銀八       児太郎
                大蔵の局       吉 弥
                 正栄尼       東 蔵
              大野修理之亮       梅 玉
                氏家内膳       吉右衛門


ニ、口上
                      歌 昇改め又五郎
                      種太郎改め歌 昇
                           幹部俳優出演


  菅原伝授手習鑑

三、車引(くるまびき)

                 梅王丸  歌 昇改め又五郎
                 松王丸       吉右衛門
                 杉王丸  種太郎改め歌 昇
                藤原時平       歌 六
                  桜丸       藤十郎


  増補双級巴

四、石川五右衛門(いしかわごえもん)

    市川染五郎宙乗りにてつづら抜け相勤め申し候

              石川五右衛門       染五郎
                三好長慶       松 江
                三好国長       亀 寿
                 左忠太       廣太郎
                 右平次       種之助
                次左衛門       錦 吾
               呉羽中納言       桂 三
                此下久吉       松 緑

またまた観てから時間が経ってしまったので簡単に。

昼の部は初日に観に行きました。入口は華やかでさすが襲名公演!と思ったのですが客席は意外と空席が目立ったのがちょっと寂しかった。口上があるのは夜の部だし平日だし、と言う事もあったのかな。個人的に新・歌昇の種太郎くんを応援しているので本公演は楽しみにしていました。

一、舌出三番叟
お祝いにふさわしい華やかな踊りですが線が細く染五郎にはそういう福々しさや“おかしみ”みたいなものがイマイチ感じられず。歌昇は非常に丁寧な踊り。初日だから当然か。

ニ、新口村
藤十郎はさすがに風格あるが何を言っているのかちっとも聴こえない。

三、寺子屋
新・又五郎が熱演。しかしこの緊迫した悲劇の物語に時々客席から小さな笑いが起こるのには驚いた。熱演のあまりに力の入った又五郎の動作が滑稽に見えたのかもしれないが、それにしても、、。

四、勢獅子
お祝いらしい華やかな踊り。梅玉は目立たなかったが。



華やかに幕を開けたダブル襲名披露公演ですがなんと2日目の夜の部「車引」で又五郎が足を負傷。その週末に夜の部を観に行った時には3階席から観てもハッキリと分かるガッチリ固めてふくれた足が痛々しく、歩くのにも苦労しており襲名公演でなければ到底舞台に立てる状態では無い様子。芝翫も二日目から休演してるし長い襲名披露が3日目にして暗雲たちこめるとはなんと不運な。


一、沓手鳥孤城落月
何故この演目?芝翫の代役を勤めた福助は全開で狂った淀君を演じていたが相変わらず軽い。しかし何よりイライラしたのがセリフが全然入っていない吉右衛門。

三、口上
芝翫の休演で急遽代役となった吉右衛門がしどろもどろの挨拶。これが“ほほえましい”と言えるのか?又五郎が何代目かも覚えておらず間違える始末。お祝いの席なのにあんまりだ、と思った。

三、車引
又五郎は品格もあり朗々と響き渡る声は心地よい。しかしなんつっても足が使えないのでどうしてもそこが気になってしまう。藤十郎の桜丸はナヨっとしているし吉右衛門にも大きさを感じなかった。

四、石川五右衛門
染五郎の五右衛門はカッコイイが大泥棒という風格は感じられず単なるチンピラに見えた。松緑の落ち着いた振る舞いと立ち姿の美しさが目を惹いた。

見せ場の宙乗りでは2つに割れたつづらを黒子が一つにとめる事ができず、七三でも一度降りて何度も留めようと試みるもままならず、遂につづらがぱかぱかと開いた状態のまま吊り上げられるというアクシデント。見るからに危ない!恐ろしくて観てられなかったよ。事故がなくて良かった。

今回暑過ぎて昼の部は着物を着るようになってから初めて洋服で行きました。夜の部は上布に博多帯で。

suzan.jpg



nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

八月花形歌舞伎 第一部・第ニ部 [着物で歌舞伎]

第一部
一、花魁草(おいらんそう)

                    お蝶  福 助
                   幸太郎  獅 童
                   米之助  勘太郎
                   客孝吉  亀 蔵
                    お糸  新 悟
                小料理屋女房  歌 江
                   五兵衛  市 蔵
                   お八重  高麗蔵
                  勘左衛門  彌十郎
                    お栄  扇 雀


  伊達娘恋緋鹿子

二、櫓のお七(やぐらのおしち)

                 八百屋お七  七之助



第二部


  新作歌舞伎

一、東雲烏恋真似琴(あけがらすこいのまねごと)

                藤川新左衛門  橋之助
                  関口多膳  扇 雀
                   左宝月  獅 童
                 高橋秋之丞  勘太郎
                    お若  七之助
                    宇内  巳之助
                伊勢屋徳兵衛  亀 蔵
                    お弓  萬次郎
                  潮田軍蔵  彌十郎
                    小夜  福 助


二、夏 魂まつり(なつ たままつり)

                若旦那栄太郎  芝 翫
                  芸者お梅  福 助
                  芸者お駒  橋之助
                 太鼓持国吉  国 生
                 舞妓よし鶴  宜 生


観てから随分時間が経ってしまい、いまさらですが、、。


一、花魁草
江戸を襲った大地震と大火から逃げる途中で知り合った年増の女郎(福助)と大部屋俳優(獅童)が、田舎で一緒に暮らすんだけど、最終的は俳優の出世の為に女郎は自ら身を引く話し。

福助が長年の風俗嬢生活で世慣れているがカワイイ女を上手く演じていて好感を持ちました。妙齢の女性は歳の離れた若い男と付き合うとどうしたって始終年齢を意識せざるを得ないんだよな〜。一方の獅童はただ流されているだけで、福助を愛しているようには見えなかったのでその別れに重みを感じなかった。

この芝居で一番安心して観られたのが勘太郎。心優しい素朴な田舎のおじさんを実に感じよく演じていて、この手の役をやらせたらピカイチの勘三郎とダブりました。若い勘太郎には勘三郎のやり過ぎでちょっと鼻につく部分がないのでいいです。最近の勘太郎は私の中でかなり評価上がってます。

二、櫓のお七
七之助はキレイだけど人形振りはまだまだ、、。前回観た福助の方が断然良かったです。初役って事なんでまだこれからっすね。


今月はここで休憩。近くのルノアールに入ってiPodで仕事のメールなどをチェックし、引き続き二部を観劇。


一、東雲烏恋真似琴

新作歌舞伎。いつも言ってるように現代劇が大変苦手なので観るのを辞めようかと思った位だったんですが、色々な市井の人々が出て来たり、美しい着物姿の女性がズラッとならんだり、殺人に愛想尽かしといかにも歌舞伎を観る人が好きな部分を盛り込んであって、まぁ、わざとらしいのですが、でも飽きずに興味深く観る事ができました。

コクーンに引き続き橋之助が恋に狂っておかしくなった男を熱演。もう少し影の部分を濃くすればもっと面白くなるのに。

新作歌舞伎を観ると突っ立って客席に向かって話すという印象があります。その為に間をもたせる意味の無い動きがどーもくさくて生理的にダメなのかも。一方歌舞伎は基本的には長い話は座ってやるよね。あと、何か仕事している事が多い気がする。着物を着たり衿を直したり、男性はタバコ、女性はお茶を入れたり着物を畳んだり、生活に関する動きをしながらセリフを言う印象。

これは例えば成瀬巳喜男だとか、昭和30、40年代の映画を観てても思う事で、一方最近のドラマなんかを観てるとみんなセリフを言うときは手をとめてるじないですか。そこのところに何か、呼吸とか、ひっかかるものがあるんのかな、と。

この芝居では獅童が一人だけ素人の学芸会で浮いてましたね〜。発声が特にね、、、。何か根本的に歌舞伎役者として間違っている気がする。

二、夏 魂まつり

芝翫が舞台に出ている事だけに意味がある短い舞踊。橋之助がめずらしく女形で踊っていたんだけど、手の動きとか芝翫に似てるな〜と思ったです。橋之助の二人の息子は幼いとは言えどうにもねぇ、、特に宜生、、。頑張って欲しいものです。

この日は小千谷縮に麻の帯で出掛けました。

RIMG0158a.jpg


nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

浴衣で飲み会 [着物で外出]

夏休みの翌週には着物仲間と三軒茶屋の「カゼ ウズマキ」で納涼浴衣飲み会。

着物に慣れている人の浴衣姿は見て楽しいですね、すごく個性が出てて。浴衣ってラフな飲み会に向いてていいよな〜。もっと着たかったけど夏も終わりか。

この後かなり飲んで大はしゃぎ、翌日二日酔いで倒れていたのは予想通りの展開です、トホホ、、。

RIMG0150.jpg


nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。