So-net無料ブログ作成
検索選択

巡業 西コース 松竹大歌舞伎 [着物で歌舞伎]

一、雨の五郎(あめのごろう)

          曽我五郎時致  片岡 愛之助


二、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)

  下市村茶店の場
  同  釣瓶鮓屋の場

   茶店
          いがみの権太  片岡 仁左衛門
           主馬小金吾  片岡 愛之助
           若葉の内侍  市川 高麗蔵
            弥左衛門  坂東 彌十郎
             小せん  片岡 秀太郎

   すし屋
          いがみの権太  片岡 仁左衛門
              お里  片岡 孝太郎
              お米  坂東 竹三郎
            梶原景時  坂東 薪 車
           若葉の内侍  市川 高麗蔵
            弥左衛門  坂東 彌十郎
     弥助実は平維盛/小せん  片岡 秀太郎


立川市民会館での千秋楽を観ました。

巡業の舞台を観るのは初めて。当然の事ながらステージは狭く、音響的にも残響でセリフが聞き取りにくい。しかし、地方都市の市民会館の雰囲気や客席と舞台の近さ、演出の工夫など、いつもの「伝統芸能」然とした歌舞伎と違うところに何かしみじみとした温かさを感じるというか、巡業ってとても重要な事だよな、と、実感。

さて、ニザ様のいがみの権太ですが、最近は世話物よりも断然時代物に冴えがあるニザ様が、実に久しぶりに昔ながらの軽快でヤクザな色男を見せてくれたと言った感じでした。

江戸っ子っとは違うんですよね。口が達者で調子が良い。関西の、まさに「権太くれ」。大好きな「犬シリーズ」の田宮二郎的なかっこよさ!堪らんです!こういうのって“演じ”てしまうとすんごく臭くなっちゃうと思うんですけど、そうならないところがさすが。

女房を演じるのは秀太郎で、見た目は若い熱々夫婦には見えないんですけどね、それでも孝太郎よりも老人である秀太郎の方が可愛い女に見えるから不思議。安心して見ていられるし秀太郎の存在はホントに重要です。


RIMG0178.jpg


この日は単衣の紅花紬に博多帯で出掛けましたが、やはり暑かった〜!


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

国立博物館は大にぎわい [着物で外出]

9月半ばに国立博物館で開催された「空海と密教美術展」を見に行ったんだった、そう言えば。

RIMG0171.jpg

凄く暑かったので、しじらに米沢織の八寸帯で出かけました。

平日の閉館時間近くに行ったので入館待ちはなかったけど、それでもとっても混んでいた。しかも館内凄く暑い!だもんで、書や法具など要接近な展示は良くみられなかったすよ。ただ、東寺講堂の諸像8体による仏像曼荼羅は流石の迫力。宇宙でしたね。

講堂諸尊の平成大修理完成記念として特別公開があった2000年に東寺に行った時、このあたりの仏像や曼荼羅図を見た。その時の図録はこちら。

IMG_0819.jpg

終了後は空海展の半券を持っていれば割引になるって事で上野アトレ1F「リモネッロ」にて軽いつまみでワインを飲んで、さらにアメ横の立ち飲み「カドクラ」へ移動。ここは巨人戦を見ながら飲めるっちゅーのがいいよね。

RIMG0174.jpg

しかし、この時点でまだ7時前だったんだけどお店は人で溢れかえっていました。みんな仕事は?



nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。