So-net無料ブログ作成
検索選択

いつも飲んでいる? [着物で外出]

そういえば、10、11月は仕事が忙しかったので歌舞伎の他では2回しか着物を着なかったようです。

こちらは友達と飲み会。またまた調子に乗って飲み過ぎ、危うく終電を逃しかけて着物で激走。

sancha.jpg

こちらは新宿花園神社の酉の市(一の酉)。

sinjuku1.jpg

この後三丁目の立ち飲み屋へ。

sinjuu2.jpg

相変わらず調子良く飲みまくってます、笑。


nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平成中村座 十一月大歌舞伎 夜の部


一、猿若江戸の初櫓(さるわかえどのはつやぐら)

              猿若  勘太郎
           出雲の阿国  七之助
          奉行板倉勝重  彌十郎


二、伊賀越道中双六(いがごえどうちゅうすごろく)

  沼津

          呉服屋十兵衛  仁左衛門
              お米  孝太郎
            池添孫八  彌十郎
            雲助平作  勘三郎


三、弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)

  浜松屋より勢揃いまで

         弁天小僧菊之助  七之助
            南郷力丸  勘太郎
           赤星十三郎  新 悟
         浜松屋伜宗之助  国 生
            忠信利平  彌十郎
          日本駄右衛門  橋之助

今回初めて中村座の桜席へ。桜席は幕の内側にあるので普段は見る事のできない、幕が閉まっている状態の舞台の様子が見られるというのがミソ。

役者を近くに見る事ができるのはもちろん、こちらを見ている大勢の観客が目に入るとなんだか自分たちも舞台上にいるような気がしてくるという、非常に興味深い席で大変貴重な経験でしたが、マニア向けと言うか、音のバランスも悪いし舞台も見えにくいし、個人的には一度座ればいいかなと思いました。

芝居の内容に関しては実はあまり書く事がないような。

一、猿若江戸の初櫓
勘太郎の若々しい踊りが晴れやかでしたが、すこし固いかなとも。

二、伊賀越道中双六
冒頭で小山三さんのお元気な姿を観られたのは良かった!当り役と言われる仁左さまの十兵衛ですが、観るのは初めて。吉右衛門の時よりもお米が気に入って、、という雰囲気は薄いと感じました。文楽ではそもそも、お米が妹であるというのを分かっている十兵衛が嫁にという事にしてこの親子を救おうとするという話らしいが、そのあたりも意識しているんでしょうか?

三、弁天娘女男白浪
これは正直ツラかった。七之助は弁天小僧には線が細すぎる。勘太郎演じる南郷力丸との浜松屋では、二人に有名な泥棒の太々しさってものが全く皆無だったもんで、延々と続く空々しい会話にシラ〜っとしてしまい、もの凄い居心地の悪さを感じました。最近上達目覚ましい勘太郎ですが、この手の芝居はまだまだですな。

RIMG0266.jpg

11月6日だったこの日はすごく蒸し暑かったんだけど、さすがに帯付きというワケにも行かず黒の結城に織りの名古屋を締めた上に羽織を着て出掛けました。

羽織は今年の初めに小糸染芸さんの着尺で作った長羽織。

RIMG0253.jpg

こうやって写真に撮ってみるとあらためて小糸さんの染めの美しさを感じるなぁ。

RIMG0272.jpg

こちらの帯は祖母から譲り受けたもの。彼女もよく締めていたという事で汚れてかなりクタクタになっていた上に、重いし短いし幅も狭くてずっと放置していたのですが、いつも着物手入れをお願いしている悉皆屋さんに仕立て直してもらいました。

まずクリーニングで汚れを落し、足りない部分は黒い無地の布を足してもらい、前の部分は幅出しできるように開き名古屋に。お値段13000円程で十分締められる帯に生まれ変わりました。




nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

後援会という世界 [着物で外出]

仕事が忙しくてブログの更新ができないでいる間に時間がたってしまったけど、先月の初めに片岡仁左衛門さまの後援会である「銀杏会」のイベント「茶話会」に参加しました。これは東京会館ローズルームにてお茶とケーキを頂きながらニザさまのお話を伺うというイベント。

RIMG0187.jpg

10月とは言えまだ2日だったので、着付教室の卒業式に着た単衣に菊柄の染帯で出掛けましたが、キチッとした色無地に格のある袋帯を締めておられる方々などを見ると、帯は袋帯にすべきだったかとちょっと後悔。勿論ラフな洋服や着物の方も多かったんだけど。

RIMG0182.jpg

ニザさまのお話の中で同感と思ったのは、ニザさまが脚本を担当する時は無駄な部分を省いているというお話。私も歌舞伎を観ていて「話長げぇよ!」って思う事が多々あります。

歌舞伎を現代の感覚に沿うように見せるというのは何も音楽にラップミュージックを使ったり、今風のギャグを挟んだりする事じゃないと常々思っているんです。本来の歌舞伎を演じつつも無駄を省いてスピードアップする。それ重要。勿論、長々とした場も後で活きてくるものもあり、また、そこを我慢したからこそ得られるカタルシスもあるワケですから、なんでも省いて良いワケではなくそのへんのセンスが難しいところではあります。

さてお話の後は景品を賭けたニザさまとのジャンケン大会。景品はツーショット写真をサイン入りでパネルにしてくれる権利、染め帯、染め小紋、そしてこちらの銀杏柄の織りの名古屋。商品の提供は松嶋屋出入りの呉服屋さんである人形町「錦や」さん。

RIMG0184.jpg

銀杏柄、欲しかったけど敢えなく敗退。その後はテーブル毎にニザさまと撮影会があり(後日この写真はプリントが送られてきました)、質疑応答があり2時間のイベントは終了。

帰りのロビーではお弟子さんたちにお願いして記念撮影。

RIMG0196.jpg

いやぁもう上がった上がった。同じテーブルになった皆さんとキャーキャーお話するのも凄く楽しかった〜。

その後、有楽町駅の近く、無印良品の所にあるイタリアン『スコルピオーネ・スタツィオーネ』で友人とワインを飲みながら如何にニザさまが素晴らしいかの反省会。

この店はティータイムの時間でもそれなりのおつまみでワインが飲めます。有楽町駅のすぐ近くという事を考えれば値段的にもアリ。日曜日もやってるし使える店に認定。

RIMG0207q.jpg

ちなみに呉服屋「錦や」さんにはやはり銀杏柄を求める人がたくさん来られるとか。お値段をお聞きした所、染めの行程を「錦や」さんで行ってるとの事なので、染帯などはデザインからお願いしても十分買える値段でした。あぁ、、来年に向けて夢広がる。。


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。