So-net無料ブログ作成
検索選択

中村勘太郎改め 六代目中村勘九郎襲名披露 二月大歌舞伎 夜の部 [着物で歌舞伎]

一、御存 鈴ヶ森(すずがもり)

              幡随院長兵衛       吉右衛門
               東海の勘蔵       彌十郎
               北海の熊六       錦之助
                飛脚早助       家 橘
                白井権八       勘三郎


二、六代目中村勘九郎襲名披露 口上(こうじょう)

                      勘太郎改め勘九郎
                           幹部俳優出演


三、新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)

          小姓弥生後に獅子の  勘太郎改め勘九郎
                胡蝶の精       玉太郎
                   同       宜 生
             用人関口十太夫       亀 蔵
            家老渋井五左衛門       家 橘


四、ぢいさんばあさん

               美濃部伊織       三津五郎
              宮重久右衛門       扇 雀
                宮重久弥       巳之助
                 妻きく       新 悟
                戸谷主税       桂 三
               石井民之進       男女蔵
                山田恵助       亀 蔵
               柳原小兵衛       秀 調
              下嶋甚右衛門       橋之助
               伊織妻るん       福 助


2月は六代目中村勘九郎襲名披露公演。初日の夜の部に行きましたがさすがに華やかに大にぎわいでした。

RIMG0641.JPG

ロビーには贔屓筋からの絵馬がズラッとならんでいました。ロビーが狭いのでお祝いを表す苦肉の策でしょうかね。

IMG_1332.JPG


一、鈴ヶ森

いつも白井権八が「前髪の美少年」っていう脳内変換にちょっとした苦労を強いられる演目なんですが、今回の勘三郎はそこんところ妙にシックリ来て最初から芝居に入り込みました。復帰以来はじめての大きな公演が息子の襲名披露という事で、何かピリピリとした緊張感があったのか、人を大勢殺めて逃走する若者の危うさが出ていたのかも。

一番の見せ場はやはり吉右衛門演じる幡随院長兵衛との出会いの場ですが、今迄観たどの鈴ヶ森よりもグッとくるものがありました。二人の間に流れる張り詰めた空気に息を飲んだです。

ニ、口上
いや〜もう今回の口上は挨拶する俳優も涙だし、観客席もすすり泣きの声がここそから漏れてくるし、大変なもんでした。

特に中村屋さんを追いかけて来なかった私でさえ、小さな子供の頃からその成長をTVで観て来たからか「立派になって、、」と、まるで身内の子供みたいな気にがしてウルっときました。一生懸命で真っすぐな所も気持ち良いし、応援したくなりますよ、そりゃ。

因に、この時のバックの襖絵は勘三郎の時と同様に金子國義との事。

今回の席はいつもの3階B席。

IMG_1338.JPG

襲名の引き幕はこの写真だと見えないけどフジテレビから贈られたもの。


三、春興鏡獅子
飛鳥井役で93歳の小山三が登場で場内大拍手。小山三にとっても勘三郎・勘九郎親子にとってもどれほど感慨深い事だろうかと思います。

勘九郎の弥生は非常に上品で丁寧でした。ま、初日だしね。獅子になってからはビシビシとスパークする踊りに新・勘九郎としての決意が感じられて気持ちよかったス。何かに取り憑かれたような、ちょっと中性的なところが「ああ、この踊りは”獅子の精”なんだな」と改めて思ったです。ただ、胡蝶の二人がな〜。子供だからってああグダグダにやられると冷めるだろう。完全に足を引っ張ってたゾ!

最後の毛振りはちょっとムキになり過ぎて型も崩れて台から落ちそうになったのはご愛嬌ですかね、笑。


四、ぢいさんばあさん
これはニザ玉でしか見た事ない演目なんで、どーしてもあの鼻をつまむクセは「ニザさまの真似をしている」と反射的に思っていまうんすよね〜。この芝居で一番良かったのは橋之助の下嶋甚右衛門だな。いい調子での大暴れが実に堂に入ってた。実はああいう人なのかも、もしかして、笑。

ニザ玉の時は再会の場でウルっと来るんだけど、三津五郎と福助はどうもワザとらしさばかりを感じてしまって最後は「いつまでやっとんじゃ!」と思ってしまいました。

IMG_1340.jpg

終演後はいつもの「ビストロ・ヌガ」に行こうかな〜と思いつつも、建設中の歌舞伎座の裏をうろついていたらカウンターが一人飲みにはちょうど良さそうな店が目についたので入ってみました。

IMG_1349.jpg

「small wonderland」というビストロ。ワインの種類などはそれほど多くないようでしたが、値段的にリーズナブルでカジュアルなお店。シェフをはじめカウンターの中も若い男性で、お客がひと段落してからは一見のオバさんである私とも色々とおしゃべりしてくれて楽しかったです。

木挽町にこういう店があるというのは貴重。また行くと思う。

この日は襲名披露公演のおめでたい初日、でも、3階席という事で、万筋の江戸小紋に模様に格のある織りの名古屋で出かけました。

RIMG0635-444c3.JPG

どうもシックリこないコーデ、、。


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

俳優祭に初参加 [着物で歌舞伎]

第36回 俳優祭 国立劇場大ホール

一、『絵本太功記』十段目 尼ヶ崎閑居の場 竹本連中
(武智十兵衛光秀)市川染五郎、(武智一子十次郎光義)中村七之助、(嫁初菊)中村梅枝、
(光秀母皐月)坂東秀調、(佐藤虎之助正清)坂東亀三郎、(真柴久吉)尾上松緑、(光秀妻操)片岡孝太郎

ニ、『殺陣 田村』  立役による立廻り(素)
澤田正二郎が創案し「新國劇」に受け継がれてきた傑作を歌舞伎の立廻りにアレンジして上演。
出演は、中村扇雀、中村橋之助、市川海老蔵、中村勘太郎 ほか。


三、河竹黙阿弥作
『質庫魂入替』 しちやのくらこころのいれかえ 竹本連中 常磐津連中
出演は、尾上菊五郎 、市川團十郎、片岡仁左衛門、中村梅玉、市川左團次、
中村魁春、中村勘三郎、中村芝雀、中村時蔵、坂東三津五郎、中村福助 ほか。


電話予約当日の朝、我が家では夫を駆り出して固定電話+携帯電話2台+IPone1台という物量作戦(?)で電話をかけまくること1時間あまり、夫の電話が繋がってなんとかC席のチケットをゲット!俺のお陰だと自慢する夫。ハイ。その通りです!

ニザ様に直接お会いするのだからしてオシャレして行きたいのは山々ですが、昨年夏のチャリティ公演の物販でもみくちゃにされて汗だくになった経験から着物は紬に決定。帯は今年初の梅柄塩瀬、帯留めは梅にウグイス。

RIMG0595.jpg

開演前の国立劇場は来るべき物販に備えてか、何やら不穏で邪悪な熱気が渦巻く、笑。

RIMG0600.jpg

薄いのに千円もする松竹ボッタクリのパンフを買い、模擬店見取り図を見ながらどういう流れで攻めるのか、まずは作戦会議&下調べで館内を歩いて動線を確認。

RIMG0605.jpg

そうこうしている内に最初の演目がスタート。

一、『絵本太功記』
実力ある若手役者が揃ったなかなかに見応えのある演目。ですが、『絵本太功記』という演目としては重みにかける舞台となり、俳優祭というイベントで演じるには重過ぎるという感じがしました。

ニ、『殺陣 田村』
紋付袴姿の素で殺陣を見せる剣舞。最初に登場したのが勘太郎(現・勘九郎)だったんだが、体のキレが素晴らしく、ビシビシ型が決まってましたね〜。中心軸がしっかりしていてぶれないので動きも美しい。さすがの充実ぶりを感じました。

それに引きかえ、次に登場した海老蔵はどうしたことか、、。腰はヘナヘナ、型は全く決まらず、刀の抜き差しが微妙につっかえてワンテンポ遅れてしまう。そう感じたのが私だけではない証拠に、彼の立ち回り中は殆ど拍手が沸き起こらなかった。決まらないから観客はどこで拍手して良いのか分からないのだ。勘太郎の後だっただけに目立ってイタかった。

あと、橋之助の動きはその大きさと美しさが良かった。

ところで、話はそれるけど「新國劇」「澤田正二郎」と言えば思い出すのが映画『殺陣師段平』。オリジナルは50年制作のマキノ雅弘監督で森繁の段平ですが、雷蔵狂の私としては62年制作、鴈治郎の段平、雷蔵の沢田正二郎ヴァージョンですよ!

沢田正二郎が「新国劇」を旗揚げし、演劇にリアリズムを求めて行くという時代の流れに置いて行かれそうになりながらも、昔ながらの殺陣師である段平が命をかけて殺陣を追究してゆく芸根性もの。迫り来る死と闘いながら「老いた国定忠治の殺陣」をつけるシーンとかグッとくる映画です。




黒澤明 脚本作品 : 殺陣師段平 [DVD]

黒澤明 脚本作品 : 殺陣師段平 [DVD]




さて、ここでブレイク。お待ちかねの物販タイムです。

今回は時間がなかったとの事でオリジナルグッズの販売はなし。押し隈や役者さん達が書いた絵などの作品以外は基本的に食品でした。

まずは今回の目的であるニザ様販売の「歌舞伎弁当」コーナーへ走る!この会場が一番広い部屋だったんですが、他にも成田屋・中村屋・音羽屋のブースもあり大混乱。特にニザ様のブースは大人気で横からも前からも後ろからも人が押し寄せてくる。並んでるのに、そんなの全く関係なし!

まぁ、ライブで「このままじゃ死ぬ。マジで死ぬ」という経験を積んでいる私にとってはこれしきなんて事ないのだが、なにせ帯が心配で。ずっと後ろ手に抑えてましたよ。

係の人が「押さないで下さい!危ないです!押さないでください!押さないでーーーーーーッ!」と絶叫する中、なんとか販売コーナーにたどり着くと孝太郎さんが「どうぞ!」とお弁当を差し出してくれたんだけど、え?だってニザ様と握手する為に来たんだしって話なんだが、前がつかえてるもんで結構ここで間ができちゃって苦笑いする孝太郎さんと見合ってしまうというヒジョーに気まずい雰囲気。いやしかし、ここでお弁当を受け取ってしまったら負けだ!と心を鬼にして耐える時間が何十分にも思えました。孝太郎さん、ごめんなさい!!

そんな混乱の中だったのでニザ様との接触はほんの一瞬。「来月観に行きます!」としか言えなかった、、。

しかも、かなり残念な感じのお弁当。ご飯多過ぎだし。無闇に満腹になってしまった。

RIMG0620.jpg

その後は秀太郎さんがおられる売店でお茶を購入。秀太郎さんはその舞台同様、たおやかでとーっても素敵な方。「年末に南座で拝見しました」と言ったら「昼夜どちら?」と聞かれたので「昼です」と言ったら「長い方ですね。夜は2分だったから」と気さくにお話してくださり、Vサインで一緒に写真に収まってくださった。感激!

その後は左団次さんを探しに行ったんだけど姿が見えず残念。フラフラと色々な役者さんを見て回り、獅童さんからビールを買って握手してもらったりした後お弁当を食べ、東北物産店で売り子をしていた澤瀉屋さんにつかまって最後にずんだ大福と鯨大和煮を購入したところでタイムアップ。

RIMG0632.jpg


三、質庫魂入替
やっと俳優祭らしい笑える演目が登場。質屋の蔵の中にある人形達が踊るんだけど、中身を魔法で入れ替えてしまうので、例えばお姫様の格好をしながら雷神さまの振りで踊るとか、ギャップが面白い。単純と言えば単純だけどそれをしっかり見せられるのが、さすがベテラン俳優陣。ドタバタの創作現代劇よりも、こういうのが洒落てて良いっていう気がするな。


お腹いっぱい、心もいっぱいで国立劇場を後にし、ちょっと一杯、と、言う事で神宮前の「鎌倉 松原庵 欅」へ。

由比ケ浜にある「鎌倉 松原庵」の2号店で、鎌倉のお店はとっても良かったので行ってみたんですが、人入ってなかったな〜。店内は鎌倉の雰囲気を頑張って再現してて気が利いていますが、原宿という場所はどうなんでしょう。大人がちょっと寄るには良い店だと思うので頑張って欲しいところ。

RIMG0627.jpg


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

壽 初春大歌舞伎 昼の部 [着物で歌舞伎]

一、相生獅子(あいおいじし)

                     姫  魁 春
                     姫  芝 雀



  祇園祭礼信仰記

二、金閣寺(きんかくじ)

            此下東吉実は真柴久吉  梅 玉
                    雪姫  菊之助
            十河軍平実は佐藤正清  錦之助
                 松永鬼藤太  松 江
                狩野之介直信  歌 六
                  慶寿院尼  東 蔵
                  松永大膳  三津五郎



  盲長屋梅加賀鳶

三、加賀鳶(かがとび)

  本郷木戸前勢揃いより
  赤門捕物まで

            天神町梅吉/竹垣道玄  菊五郎
                 女按摩お兼  時 蔵
                春木町巳之助  三津五郎
                   魁勇次  又五郎
                 虎屋竹五郎  錦之助
                昼ッ子尾之吉  菊之助
                  磐石石松  松 江
                 数珠玉房吉  亀三郎
                 御守殿門次  亀 寿
                金助町兼五郎  松 也
                    お朝  梅 枝
                  妻恋音吉  権十郎
                  天狗杉松  秀 調
                御神輿弥太郎  團 蔵
               道玄女房おせつ  東 蔵
                伊勢屋与兵衛  彦三郎
                  雷五郎次  左團次
                 日蔭町松蔵  吉右衛門


時間の計算を間違えて珍しく完全に遅刻。しかも座った時に帯留めを落としてしまい、舞台に集中できなかった。役者さんに申し訳ない、、。

ニ、金閣寺
前回観た時は全然頭に入ってこない話だったが、三津五郎の松永大膳は分かりやすくて、なるほどと納得させられた。しかし、この日は3階のB席だったので舞台上手が見えず、菊之助の雪姫が見えない!

何度も言うようだがいくら安い席だからって3000円も払っているのにおかしいじゃないか!先日久しぶりに国立劇場の大ホールに行ってつくづく思った。国立では3階の一番後ろだったので、確かに役者がすんごく小さくて、しゃべり出すまで誰だかワカラン。でも、舞台は全部見える。花道も半分見える。それが当たり前じゃない?

さて、その雪姫、クライマックスの桜の花びらを集めて鼠を描くところですが、前回観た桜がワサーーーっと降り注ぎ、踊りも派手だった福助とはかなり違う印象で、菊之助の雪姫は上半身はこまめに使うも、下半身の動きはおとなしめと感じた。

三、加賀鳶
夜の部の「め組の喧嘩」となんとなくダブる演目だけど、そこは黙阿弥作だけあって、め組と比べると洗練されていて味わい深い。菊五郎の道玄はさすがに手慣れたものだけど、もう少し悪くてもいいんじゃないか?前にもどこかに書いたけど、悪い按摩というと森一生監督『不知火檢校』の勝新太郎を思い出す。コイツの悪さと言ったらホントに、、この私でさえも「そこまでやるか!」と思う程。未見の方は機会があれば是非一度。名作です。

この日はラクな格好で、と思いドット柄の小紋に八寸の帯で出かけました。本当は濃い赤の帯揚げを合わせたい所なんだけど持ってない。探しているんだけど、丁度良い色が無いのよ、赤って。

RIMG0577.jpg


不知火檢校 [DVD]

不知火檢校 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。