So-net無料ブログ作成

柿葺落四月大歌舞伎 第三部 [着物で歌舞伎]

近江源氏先陣館

一、盛綱陣屋(もりつなじんや)

            佐々木盛綱  仁左衛門
               篝火  時 蔵
               早瀬  芝 雀
             伊吹藤太  翫 雀
             信楽太郎  橋之助
             竹下孫八  進之介
              四天王  男女蔵
                同  亀三郎
                同  亀 寿
                同  宗之助
          高綱一子小四郎  金太郎
          盛綱一子小三郎  藤間大河
           古郡新左衛門  錦 吾
               微妙  東 蔵
             北條時政  我 當
           和田兵衛秀盛  吉右衛門



二、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)

            武蔵坊弁慶  幸四郎
              源義経  梅 玉
             亀井六郎  染五郎
             片岡八郎  松 緑
             駿河次郎  勘九郎
            太刀持音若  玉太郎
            常陸坊海尊  左團次
            富樫左衛門  菊五郎


一、盛綱陣屋
仁左さまの盛綱は2010年に演舞場で観たんですけど、この時の舞台は歌舞伎座休業中に観た演目の中では最もダントツに感動した舞台でした。

『盛綱陣屋』は大坂冬の陣で兄弟でありながら敵味方に分かれて戦った、真田信之・幸村を佐々木盛綱・高綱兄弟に置き換えて書かれた作品で歌舞伎三大首実検(どんだけ好きなんだ首実検が、笑)のひとつ。盛綱が主君の前で弟・高綱の首実検をする場面が最大の見せ場です。

まずは軍使として訪れた和田兵衛秀盛演を演じる吉右衛門と仁左さまとの対面。吉右衛門の肝が据わった大きな芝居と仁左さまの繊細な演技の対比がこの場面を際立たせます。二人の間に流れる緊張感に見ている方もドキドキ。

仁左さまの台詞回し、そして腕を上げたり、足を踏み出したり、体を傾けたり、といったひとつひとつの仕草全てが盛綱という人物を物語り、いつものように音楽にのって美しく表現される瞬間を観る喜び!前回観た時よりもそれは更にブラッシュアップされて完成度が高まっていたように感じました。

一方で金太郎君に小四郎役は少し荷が重かったかなーと感じました。前回見た小四郎役はどこかの劇団の子だったんですが、このが凄く上手で堂々とした芝居だったもんで、型を追うだけで精一杯、台詞も息が続かない金太郎君を見ているとちょっと舞台から心が離れてしまう部分はありましたね。まだ7歳くらいなのかな。大役なので大変だと思うけど頑張って欲しいです。

それでもやはり仁左さまが登場すると舞台は別次元に入ります。最後の場は竹本喜太夫の語りと鶴澤宏太郎の三味線でこの二人と仁左さまの組み合わせがひとつのアートを作り出しているというかビッタリはまってエキサイティング!

以前のインタビューで仁左さまは首実検の演じ方について「歌舞伎は理屈だけではいきません。リアル、リアルに押すと矛盾やエゴも目立つ」と答えていますが、彼の盛綱はそういった意味でまさに体の表現のみによって我々の心にダイレクトに訴えかけるという、究極の形にたどり着きつつあるのでは。

ラスト、再び吉右衛門が登場すると舞台が華やかに輝き、戦場での再会を約束する盛綱と和田兵衛の姿は実に立派でまぶしいくらいでした。


二、勧進帳
今まで色々な組み合わせの弁慶・富樫・義経を見てきましたが、この演目はジャズのセッションみたいなもので、メンバーによって印象が本当に大きく変わる演目です。

その中で幸四郎の弁慶というのはどーも色々と小芝居が多いので落ち着かないというか、1人で盛り上がってる感じがあまり好みではなく、今回もそこんところは相変わらずでしたがしかし菊五郎の富樫がまた堂々としていて素晴らしく、品のある梅玉の義経といった組み合わせが良いバランスを生んでいました。特に弁慶最後の舞踊は今迄みた弁慶の中でも力強くて美しく、その真剣さには心打たれましたね。

けど、そんなことよりなにより今回は染五郎・勘九郎・松緑という若いイケメン揃いの四天王に目が釘付けですよ!(ダンディ・左団次も勿論すてきですけどね)殆ど台詞なんてないんだけど、義経の為の死ねと言われたら何のためらいもなく死ぬ覚悟を感じる位の気迫と緊張感がビシビシ伝えってきて萌えました。

これは女性陣文句無く全員一致の意見。イケメンというだけでなく全員しっかりとした芸を持っていますからね。カッコ良きゃいいってもんじゃない。そこが重要です。

今月の舞台を見て思いましたが、これだけの役者が揃うだけでも豪華なのですが、その上ベテランの大役者たちでさえ気合いの入り方が普段と全く違う。「混んでて値段の高い柿葺落公演を慌てて観る必要ないじゃん。」と思っている方がいたらそれは違うかも。チケットの値段には不満がありますが、でもこの芝居は今しか観られないものだと思います。

さて、第三部の席は三階A席6,000円。ま、B席から移ってくると近く感じますね。

Aseki.jpg

この日はまだまだおめでたい感じに飛び柄の小紋と菱模様の袋帯。天気が悪かったので草履がカレンブロッソなのが、写真で見ると不格好だなぁ。ワンピースにスニーカーを履いて来てしまったような感じ。

shuugou.jpg

4月末だというのに随分寒い日だったので祖母のものだった道行を着ました。真っ黒に地紋なので喪服用かと思ってたんだけど、家紋が入っていなければ普段使いも大丈夫と呉服屋さんに言われたので初お目見え。

michiyuki.jpg

芝居の後はいつものヌガに滑り込みで閉店ギリギリまで粘って1時間一本勝負。ここで来月のチケット配付の儀。飛び交う万札、笑

nuga.jpg

更にもう一杯飲める所を探して彷徨った挙げ句偶然到着したのが老舗バー「BAR SUZUKI」。

ここは25年近く前歌舞伎を見始めたころ友人と芝居の後度々行ったバーだったのだ!懐かしい。あまりにも懐かしくて泣きそうになりましたよ。

suzuki.jpg

が、一杯飲んだだけで終電めがけて激走。次回はもっとゆっくり味わいたいです。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

柿葺落四月大歌舞伎 第二部 [着物で歌舞伎]

一、弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)

  浜松屋見世先の場より
  滑川土橋の場まで
          弁天小僧菊之助  菊五郎
             南郷力丸  左團次
            赤星十三郎  時 蔵
             忠信利平  三津五郎
             岩渕三次  錦之助
           浜松屋宗之助  菊之助
             関戸吾助  松 江
            狼の悪次郎  市 蔵
            木下川八郎  團 蔵
            伊皿子七郎  友右衛門
           浜松屋幸兵衛  彦三郎
          青砥左衛門藤綱  梅 玉
             鳶頭清次  幸四郎
           日本駄右衛門  吉右衛門



二、忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)

  将門

       傾城如月実は滝夜叉姫  玉三郎
           大宅太郎光圀  松 緑


一、弁天娘女男白浪
菊五郎の弁天小僧は何度も見ていて絶品だとは百も承知でしたが、今回はいつものように浪々と響く声には更に張りがあり、その名調子はいつも以上にしなやかに強く、文句のつけどころのない弁天小僧を演じて我々を江戸時代へと誘ってくれました。

いつもなら「稲瀬川勢揃いの場」で終わるこの演目も今回は大詰めまであり、「極楽寺屋根上の場」での菊五郎は大屋根での立ち回りも軽やかに、、、とは行かない迄も、70歳という年齢を全く感じさせない大立ち回り演じました。追手のアクションも揃ってキレに決まり気持ち良い!「がんどう返し」から山門が現れるダイナミックな舞台変換で日本駄右衛門の吉右衛門と青砥左衛門藤綱の梅玉が登場すると劇場中が一気に華やかなムードに。いやはや。まさにこれぞ歌舞伎のスペクタクル。

惜しむらくはここに團十郎も勘三郎もいないという事。ああ、彼らにもここに居て欲しかった、、。

二、忍夜恋曲者
平将門が滅ぼされた後、将門がかつて御殿とした相馬の古御所に現れるという妖怪探索の為、源頼信の命を受けて屋敷に訪れた光圀と傾城に化けて現れた将門の娘・滝夜叉姫との攻防をめぐる舞踊劇。

玉三郎程この世のものでない美しさが似合う歌舞伎役者がいるだろうか?真っ暗な劇場にロウソクの灯によって照らされ、スッポンから現れる玉三郎の怪しい美しさは圧倒的。しかし、今回はかなり遠い席だった為殆ど真上からの鑑賞。旧歌舞伎座で観た時のような登場の衝撃は正直ちょっと薄かったです。

しかし、その後の常磐津節にのったクドキはさすが。怪しく色っぽいのに品がある。一方の光圀を演じた松緑もしっかりとした台詞回しと踊りで舞台を引き締めて存在感を示しました。

大詰のガラガラと屋敷が崩れる「屋台崩し」のセットも見応えがあります。「雨月物語」のような、妖術によって作られた幻想が壊れて行く様には心惹き付けられました。

さて、今回の席は三階B席4000円。3階席の上の段で指定では一番安い席ですが一応花道はギリギリ見えます。ただ、役者が舞台の高い位置に立つと顔が見えない。まぁでも舞台の半分が見えなかった演舞場に比べればね。ほんと、なんなのかしらあの劇場は。

bseki.jpg

この日はこのまま続けて第三部を見るので場内をウロウロ。
エスカレーターはあるけど敢えて昔のように階段を登るのもいいかもしれない。

kaidan.jpg

落ち着いたら桟敷にも行きたいな。
sajiki.jpg

三階にある「めでたい焼き」は相変わらず行列で5個持ち帰りの予約は早々にオーダーストップ。

taiyaki.jpg

この後第三部に続きます。



nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

歌舞伎座開場! 四月大歌舞伎 [着物で歌舞伎]

歌舞伎座新開場
杮葺落四月大歌舞伎

第一部

一、壽祝歌舞伎華彩(ことぶきいわうかぶきのいろどり)

  鶴寿千歳

                鶴  藤十郎
              春の君  染五郎
             宮中の男  権十郎
                同  亀 鶴
                同  松 也
                同  萬太郎
                同  廣太郎
             宮中の女  高麗蔵
                同  梅 枝
                同  壱太郎
                同  尾上右近
                同  廣 松
               女御  魁 春



  十八世中村勘三郎に捧ぐ
二、お祭り(おまつり)

               鳶頭  三津五郎
                同  橋之助
                同  彌十郎
                同  獅 童
                同  勘九郎
                同  亀 蔵
               芸者  福 助
                同  扇 雀
                同  七之助
              若い者  巳之助
                同  国 生
                同  宗 生
                同  虎之介
                同  宜 生
              手古舞  新 悟
                同  児太郎




  一谷嫩軍記

三、熊谷陣屋(くまがいじんや)

             熊谷直実  吉右衛門
               相模  玉三郎
              藤の方  菊之助
             亀井六郎  歌 昇
             片岡八郎  種之助
             伊勢三郎  米 吉
             駿河次郎  桂 三
           梶原平次景高  由次郎
              堤軍次  又五郎
            白毫弥陀六  歌 六
              源義経  仁左衛門


2013年4月2日(火)、5代目となる歌舞伎座が初日を迎えたその日、第一部の舞台を観る為2年11ヶ月ぶりに歌舞伎座へ向かいました。正面入口をくぐるとその姿は慣れ親しんだ前歌舞伎座とあまりに良く似ていて、しかしやっぱり別の場所であるという不思議な感覚。

2013-04-02 10.36.25.JPG

この日観劇する3階Aの正面席へ向かうと、以前のちょっと暗い感じは一掃されて明るくなり、売店も増えて賑わっている感じ。座席につくと以前よりも傾斜がついているのか舞台が近く感じられ、花道も七三よりさらに先迄見えるじゃないですか!シートも若干前席との間に余裕ができたし、柔らかくてお尻が痛くならず快適でした。

3kai.jpg

他の席に座っていないのでわからないけど、3階席の充実というのを強く感じましたね。ただ、1階も3階も売店は昨今の新しい駅舎みたいな作りにちょっとガッカリ。和風の落ち着いた感じにするか、或は前歌舞伎座のようなキッチュな猥雑さが欲しかったなー。

さて、舞台の話です。

一、壽祝歌舞伎華彩

幕が上がると同時に「待ってました!」と大向さんの声、まさに、その通りだと思ったですよ。待っていた!ホントにどれだけ待ってたか!胸がいっぱいになって泣けてくる〜。

染五郎、魁春、若手らの踊りに続き藤十郎がセリ上がって来た時はつくづく「ありがとう、藤十郎!」という気持ちになりましたよ、だって、閉場式で挨拶をした3人の内、芝翫も富十郎もいなくなった今、あそこでセリ上がって鶴を踊れる役者なんて誰もいないんだから。

ただ、昭和天皇の即位の大礼を記念して作られた筝曲の作品「壽祝歌舞伎華彩」は慶事に再演されてきたという事なので、まさに新しい歌舞伎座のスタートにふさわしい演目であるとは思うけど、個人的には筝曲ってなんか違うって感じてしまいました。もっと、なんだろう、笛と太鼓と三味線の凛とした祝い方の方が江戸歌舞伎らしい気が。


ニ、お祭り

これはもう役者も観客も涙なしにはいられない演目。華やかなお祭りの舞台には当然勘三郎が立つものと思ってた訳で、昨年平成中村座で観た勘三郎のお祭り、あの時の勘三郎の苦しそうな表情が蘇ってツラかったです。代役となった三津五郎の心中はもちろん我々以上に重いものだったのでしょう、この演目に付き物の「待ってました!」「待っていたとはありがてぇ」の掛け合いはありませんでした。

それ故、勘九郎に手を引かれて登場した七緒八くんの存在にどれほど救われた事か。まだ2歳だというのに10分以上続く踊りの間中、じっと座って踊りを見ている姿にはビックリしましたね。


三、熊谷陣屋

吉右衛門の直実は「これぞ熊谷直実」と思わせるものでした。その前に観たのが仁左衛門の直実で、これはもう神懸かり的な名演だったのですが、吉右衛門とは全く違うものなんですよね。仁左さまは台詞回しも動作も非常に音楽的で、流れるような型を繰り出す美しい直実、吉右衛門は心を押し殺して闘いに明け暮れた人生を観客に想像させる硬質な武士らしい直実。それ故、舞台の空気が変わっても、最後の「16年はひと昔、夢だ、、夢だ、、」という所でいきなりグッと世界を作って観客の心をえぐってくる。涙がダーーっと流れましたよ。凄いです、ほんと。吉右衛門は「俊寛」観た時も思ったけど、虚ろに前方をじっと見つめる時の寂寥感がハンパないです。

優雅で品のある仁左さまの義経が更にそこんところを際立たせてましたね。相変わらず義太夫節にのる台詞の音楽的な美しにはウットリ。義経の持つ「情」をこんなに感じたのも初めてかも。

一方、久しぶりに歌舞伎の舞台に立った玉三郎ですが、さすがに堂々としたその姿には登場した時から惹き付けられました。しかし、愁嘆場でやたらと動いて派手に悲しみを表すのにはちょっとポカーン。よりにもよって吉右衛門の直実に、、。浮いてましたね、完全に。

と、色々言ってますが、これだけの役者が揃った大歌舞伎は久しぶりでやっぱり厚みが全然違します。あまりに贅沢な夢のような時間はあっと言う間に過ぎ去ってしまいました。ま、3部制なんで実際短いんだけど。

この日は朝から雨が降りしきっていましたが、気合いを入れて訪問着に袋帯というこのまま結婚式にも出席できる姿で。

hasira.jpg

コートは母のお下がり。てか、母のを強奪したんだけど。

ame.jpg

さて、お芝居の後は総勢9人でライオン本店の4階にある「入母屋」へ。個室だったので心置きなく歌舞伎の話で大盛り上がり!その後は2次会で1階のライオン本店へ。

lion.jpg

ここでも更に盛り上がっている我々を、外国人観光客が写真に撮りまくってたみたいです。

最終的にはとあるクラブでの3次会まで9時間位、ひたすら飲んで歌舞伎の話を尽きる事なく話し続けるという大変楽しい時間を過ごしました。歌舞伎座が日常にある。そのシアワセを噛み締めた一日でした。

追記:帰宅すると夫が「お疲れさま。おめでとう。」と言ってくれました。なんかグッときたよ。



nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。