So-net無料ブログ作成

履いて出掛けたい [履物]

awaiとカレンブロッソのコラボ「花緒サンダル」が出来上がって来た。
1ヶ月前にこの草履をオーダーした時は世の中がこれ程までに激変するとは思ってもみなかった。。

RIMG0527.jpg

awaiに行ったのでちょうど六本木で上映がスタートしたばかりだった、大好きなコーエン兄弟の監督作品『トゥルー・グリット』を鑑賞。ついでに最近観た映画をの覚え書きも書いておこうかな。



++++++++++++++++++++++++++++

sub2_large.jpg

『トゥルー・グリット』
監督・脚本・編集:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
出演:ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、バリー・ペッパー

ジョン・ウェイン主演『勇気ある追跡(69)』のリメイク。殺された父親の復讐のため、14歳の少女が酔いどれ保安官を雇って犯人を追跡する話。

実にクール。久しぶりに映画らしい映画を楽しんだ。西部劇って子どもの頃よくTVで観たので郷愁をそそるんだなぁ。伏線がちゃんと収まってゆくという古典的手法も心地よい。アウトローはどこまで行ってもアウトローであり、生き方を変える事はできない。哀愁漂うが、しかしセンチメンタルではないラストシーンがじんわりしみる。

ただ、西部劇を観る時いつも心惹かれる「広さ」をあまり感じなかったかも。それはコーエン兄弟の撮り方故か?オリジナルを観た覚えはあるのだけどどうしても思い出せないのでDVDを購入した。




勇気ある追跡 [DVD]

勇気ある追跡 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



ついでに、新訳が出ているので原作も買った。


トゥルー・グリット (ハヤカワ文庫 NV ホ 16-1)

トゥルー・グリット (ハヤカワ文庫 NV ホ 16-1)

  • 作者: チャールズ・ポーティス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/02/05
  • メディア: 文庫



++++++++++++++++++++++++++++

main_615-400.jpg

『ソウル・キッチン』
監督:ファティ・アキン
出演:ダム・ボウスドウコス、モーリッツ・ブライブトロイ

ハンブルグにあるレストラン“ソウル・キッチン”は冷凍食品を調理して出すだけの大衆食堂。次々不幸がふりかかるオーナーのもとに高級レストランを首になった型破りなシェフがやって来たのをきっかけにたちまち人気店になるのだが、、。

全編に流れるソウル・ミュージックが最高にイイ!毎晩朝まで酒と音楽にまみれてデタラメやってた若かりし頃を思い出して切なくなった。下ネタで思わず笑ったのが劇場中でわたしだけだったのはチト気まずかった、、。

++++++++++++++++++++++++++++

tra.jpg

『トラス・オス・モンテス』
監督・録音・編集:アントニオ・レイス、マルガリーダ・コルデイロ

ポルトガル現代詩を代表するアントニオ・レイスがポルトガル北東部にあるトラス・オス・モンテス地方をとらえたドキュメンタリー。

撮影されたのは70年代のようだが、ほんとにマジで現代にこんな所あるの?という風景。ひとつひとつが絵画のような情緒と美しさがある。

が、しかし、映画として111分観るとなると、、。睡魔にはファイティングポーズをとる間もなく敗れ去った。

++++++++++++++++++++++++++++

248-1.jpg

『ソーシャル・ネットワーク』
監督:デビッド・フィンチャー
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク

フェイスブック創始者の物語。物語としては面白かったけど頭から入ってくる情報に頼り過ぎて映画としては特に何も心に残らなかった。そういえばフィンチャーの映画ってなんかいつもそんな印象だ。
「勝ったものが正義」そんな非常にアメリカ的な世界は興味深い。



nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

色々迷う着物旅行 [履物]

6月4日〜着付教室の産地見学で京都に行く事になりました。旅行中はずっと着物。
普通の草履だと鎌倉などに遊びに行って一日ウロウロしていると底がすり減ってきます。玉砂利の上を歩いたりするのも痛みそうで気になる。普段沢山歩く時は小判型の下駄を履いているのですが、これはこれで底が固いのであんまりたくさん歩くと足の裏が痛くなってくるんです。

で、色々と検討した結果、スニーカー感覚で履けるという噂の「菱屋カレンブロッソ」カフェ草履を注文。

411C.jpg

本当は花緒サンダルが欲しかったんだけど、注文生産で旅行迄に間に合わないという事なので、、。

さて、これで草履問題は解決したが次は鞄問題です。キャリーケースが最適だろうとは思うけど、どーーーもあのゴロゴロ引っ張る姿に抵抗があるんですね。どうしようかな〜。

教室の旅行は1泊ですが、1日延泊して夜は大阪に行って叔父と飲み、翌日は自由に呉服関連巡りをしようと画策中。このバージョンは洋服の方が機動性に富んでいる事は間違いない。宿は京都にとってあるから大阪でお酒飲んで京都まで戻る事を考えると尚更だけど、洋服を持って行くとなると靴も必要だし荷物が増えるからなぁ。多少のストレスには耐えられる普段着の綿麻着物を着替え用にもう一枚持って行こうか?しかし3日も続けて着物でうろつくのはサスガに疲れそう、、、。色々迷う所です。


あらがえない力 [履物]

いつもお稽古に行く時や、ラフな着物で遊びに行く時は小判型の下駄をはいています。着物との釣り合いもありますが、突然の雨にも対応できるし多少の乱暴も受け止めてくれるので。あと、草履は沢山歩くとすぐ裏がすり減ってしまうんすよね。

そんな普段履きの草履を探していまして、やはりちょっとの雨なら気にせず履ける事を条件に底がゴムとかウレタンソールであまり値段の高くない(歩き方が悪いので、すぐ履き潰してしまうから、、)ものを中心にネット上をウロウロしてました。

ところで、履物を選ぶ時最も重要な事、それは履き心地です。外出先で足が痛くなったら最後、そこからは履物を脱ぐ事しか考えられなくなります。履き心地確保の為にはデザインも妥協する!そう心に決めていたのですが、居内商店さんで捕まってしまい、つい、ポチっと。

もはやアラフォーとも言えない歳だというのにカワイすぎますかね。それにこう言ってはなんですが居内商店さんは低価格でデザインはカワイイのですが、品質に関しては疑問があるんですよね。すべて承知の助なんですが、ああ、でもツボだったんです、、。

zori.jpg

しかし、履いてみて問題なければこんな風に色々あるんで、今後私の足下がカラフルになる可能性がありますね。脱がなきゃわからないんだけど。

<追記>+++++++++++++++++++++++++
商品届きました。これは完全にビーサンですね〜。これだけ清々しくビーサンだと何をやらせても平気というか、超普段履きに使います。
やっぱ横着しないで長谷川商店にも行かねば!!


またもや衝動買い [履物]

zouri.JPG

友人が草履を買いたいというので付き合いで浅草の「長谷川商店」さんに行ってきました。あらゆる方面から「草履を買うなら長谷川商店」との情報が入ってくる同店は、小売りもしてくれますが問屋さんでして、土日祝がお休み。

店内には実に沢山の草履&下駄が揃っていて、台と鼻緒を選ぶとその場で職人さんがすげてくれます。最近ちょっと物欲の暴走を許し過ぎている私としては、あくまで付き合いで来たのであって全く買う気はなかったのですが、気が付いたら写真の草履を購入しておりました、、、。

いやだってサ、1万円で買えちゃうんですよ?素敵な上に滅茶苦茶安いじゃん!同じクオリティのものを銀座で買ったら安く見積っても2万8千円はすると思うな。

噂は本当でした。恐るべし「長谷川商店」。



無惨 [履物]

下駄.JPG

今朝ゴミを出しに行こうとして階段から滑り落ち、頭とお尻を強打しました。後頭部にデカイこぶができて痛いです。
しらふでの階段落ちは始めてだぁ〜。足が弱ってきてるのかな?

結果、買い物など普段履きに使っていた下駄がまっぷたつに。履きやすかったのに。哀れ、、

下駄を買いました [履物]

下駄.JPG

今まで履いていた安物の下駄は、少し歩いただけで鼻緒がすれて足が血塗れになってしまいます。それが嫌で昨年は一度も浴衣を着なかったのよね。なので、今年は下駄を新調しようと色々見てまして、まぁ予算は1万5千円くらい? なんて思ってたのですが、何しろ足のサイズも22.5cmと小さめな私、フリーサイズ基本な既製品はデカ過ぎてムリ。

てか、デザイナーズものとかヘンにキラキラしていたり洋服っぽかったりでおかしくね?
いや、もちろんそれなりの履物屋さんに行けば良いのですが、なんとな〜く敷居が高いような、、、。

んで、新宿伊勢丹をウロウロしていたら鼻緒と台を選んでその場で職人さんがすげてくれる売場に案内されました。
浴衣以外にも普段着物に履きたいので、草履に近い形で鎌倉彫りを施した台に色合いが可愛いながらもキリっとした正絹の鼻緒を選んで、待つこと15分ほど。
何度か履いてビミョウに調整してもらって、締めて8,500円!! なんだよー!安いじゃん。

安いし履きやすいしデザインも気に入ったし、店員さんや職人さんもとっても優しくて親切。いいことずくめ。
今更ながらにオーダーメイドの重要性を実感しました。

これから下駄を買おうと思っている人は、某不精安の変わったデザインモノもそれはそれで良いかもですが、ちゃんと鼻緒をすげてくれる店を一度覗くべきっスよ!足が痛ければ浴衣を着て花火大会に行っても心から楽しめないものね。





メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。