So-net無料ブログ作成
検索選択

悩ましき福袋 [小物]

netuke.jpg

銀座もとじ』から「10年ぶりの新春福袋」という案内が来ました。価格は五千円〜百万円って、広いな〜。いても立ってもいられず「仕事は夜やろう!」と、一万円位の小物狙いで乗り込みました。

店内は品の良い着物を着たご婦人方で賑わっており、不況ってなんですか?って感じ。早速感じの良い男性店員が色々見せてくれます。「こちらは帯2本で15万円でございます」「こちらは作家ものですが50万円で帯がつきます」とか、高けぇよ!って思うけどでも素人目に見てもモノは良いので普通に『もとじ』で買い物できちゃう人にはかなりのお買い得じゃないかな。

そんな中私の目を惹いたのは「美しいきもの」で見た水色の格子の紬。撮影で使ったものだそうで仮仕立てになってる(余談だけど、撮影用の着物はみんな単衣で、裾回しだけが仮に付けてあった)。

一見如何にも私が普段に着てそうな格子柄で、清々しくも深い色が印象的。以前初めて『もとじ』を訪ねた時に丁度着尺が展示されていて、コノ時「欲しい!」と思い値段をみてびっくり!

135万円ナリ〜。え〜!私が着ても絶対そんな風に見えないよ〜。

これは『もとじ』で開発した「プラチナボーイ」と呼ばれるオスだけの蚕からとった稀少な糸で織られた結城紬だったんですね。

そのプラチナボーイの紬がですね、大幅値下げで50万円になってたんですよ!

ワタクシ真剣に悩みました。1年で着物にかけるお金を考えるとそれ位はクリアしてそう。プラチナボーイで織られた本物の結城が50万。安い、安すぎる!! 月5万円の10回払い、、、(実際は金利がつくから10回じゃすまない)。月2万円の25回払い、、(そんなに刻めるのか?)

ムリムリムリムリ。分不相応でしょう、ニガ笑い。良かった、正気に戻って。

気を取り直して『衣装らくや』の小物専門店『こらくや』へ。『らくや』はモノの割に値段が高すぎる、と感じて足が遠のいていたのですが、新しく小物専門店が出来たというので覗いてみる事に。んで、写真の根付けを購入。

その後、『もとじ』のせいで脳内インフレ状態のままアンティークモールに行ったらどうなるかは分かりきっていたのだが、、。その話はまた後日。




母の好きなこと [小物]

bag.jpg

私が普段着の着物を着て出掛ける時に持っているバッグは母のお手製です。

母は常にいろんなバッグを作っていて、私が着るような洋服にはちょっと合わなかったですが、着物にはちょうど良いので愛用しています。

先日夫の実家に行ったら、姑が夫の着なくなったシャツを解体してエコバッグを作っている最中でした。勿論彼女も色々なタイプのバッグを日々作っているようです。

母という人種は何に駆られてバッグを作り続けるのでしょうか、笑。
いや、ありがたい事です。


昭和風 [小物]

kappogi.jpg

着物には、やはり白の割烹着。姪っ子に「サザエさんお母さん!」と言われました。



初春や ついつい買うのが 福袋 [小物]

fukubukuro.jpg

歌舞伎座の後は「衣装らくや」の初売りをチェック。で、裂織の半幅帯がすっかり気に入って、その他銀製帯留めとピンクのグラデがかわいい帯締めの3点が入った福袋を購入。石田節子さんご本人が店頭で丁寧に対応してくださいました。

なんでも、福袋目当ての行列ができたので開店時間を早めたとか。その割にぁ今年の正月は電車でも町でも着物姿をほとんど見かけませんでした。みんな何処にいたの〜?

その後、結婚式を挙げた東京大神宮にお参りに行こうと思ったのですが神社についてビックリ。ものすごく沢山の人が飯田橋駅近くまで延々と並んでるじゃないですか! スゲー、ここはディズニーランドか?! お参りまでには1時間半待ちと言われて早々に退散(結局、5日に改めてお参りに行きました)。

ちなみに、ここは結構着物姿をみかけました。神楽坂も近いしね。



冬に向けて [小物]

tabi.JPG
「ハイムラヤ」の別珍足袋かわいいッス!中をテントウ虫柄にしてレンガ色を思わず購入。先日実家の箪笥から持って帰ってきたウール(黒・絣)にイイかも♪若づくり過ぎ、笑?
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。