So-net無料ブログ作成

壽 初春大歌舞伎 夜の部 [着物で歌舞伎]

一、歌舞伎十八番の内 矢の根(やのね)

                  曽我五郎  三津五郎
               大薩摩主膳太夫  歌 六
                馬士畑右衛門  秀 調
                  曽我十郎  田之助



  五世中村富十郎一周忌追善狂言

二、連獅子(れんじし)

          狂言師右近後に親獅子の精  吉右衛門
          狂言師左近後に仔獅子の精  鷹之資
                   僧蓮念  錦之助
                   僧遍念  又五郎



三、神明恵和合取組(かみのめぐみわごうのとりくみ)

  め組の喧嘩

  品川島崎楼より
  神明末社裏まで

                 め組辰五郎  菊五郎
                    お仲  時 蔵
              尾花屋女房おくら  芝 雀
               九竜山浪右衛門  又五郎
                 柴井町藤松  菊之助
                伊皿子の安三  松 江
                  背高の竹  亀三郎
                 三ツ星半次  亀 寿
               おもちゃの文次  松 也
                御成門の鶴吉  光
                 山門の仙太  男 寅
                   倅又八  藤間大河
                 芝浦の銀蔵  桂 三
                神路山花五郎  由次郎
               宇田川町長次郎  権十郎
              島崎楼女将おなみ  萬次郎
               露月町亀右衛門  團 蔵
                江戸座喜太郎  彦三郎
                 四ツ車大八  左團次
                焚出し喜三郎  梅 玉

RIMG0537.jpg

一、矢の根
お正月らしいおめでたい演目。相変わらず三津五郎は安心して観ていられるな〜。しかし一番の見せ場は仁王襷を舞台上で結び直す場面じゃない?テキパキと美しく結び上げた後見さんに大拍手でした。

しかし、これは私の舞台を観る目に関する未熟さによるものかもしれないが、どーも演舞場で観る曽我ものは、曽我五郎がドン・ キホーテに見えるというか、あの姿が滑稽に見えてしょうがないんだよなー。

二、連獅子
吉右衛門の舞踊って凄く久しぶりに観た気がした。昨年は随分とお体が悪いように見えたので「大丈夫なのか、連獅子」と心配していたけど、しっかり毛振りもこなされ(ニザさまよりもちゃんと振ってた、笑)無事にひと月演じられそうでよかったよかった。

舞台全体としては二人ともかなり慎重に踊っているように見えましたね。一緒に踊るべき息子を持てなかった吉右衛門が踊った1976年以来の親獅子と父を失った鷹之資の仔獅子。実の親子が踊る連獅子にあるような無遠慮さによるスパークがないからか、二人の間には埋めようも無い距離感が流れる。しかし、それ故の深い思いやりが感じられて観ていて何度も泣きそうになりました。鷹之資の歌舞伎役者人生はきっと厳しいものになるだろうけど、どうか真っすぐに進んで欲しいと願わずにはいられなかったです。

RIMG0541.jpg

三、め組の喧嘩
大勢の役者が出そろい威勢良い舞台になって楽しかったな。そして、菊之助の藤松のスッと立った姿の粋な美しさには目を見張った。男でもイケるじゃん!最後に梅玉が梯子につり下がって喧嘩の仲裁に入る場面ではハラハラしたよ。もう若くない役者がああいうアクロバティックな事やると心配で芝居どころじゃないっての。

この日は1月7日とまだ松の内だった為か、劇場でもいつもより着物、しかも柔らかものを着た人を多く見かけました。

私も極鮫の江戸小紋に、お正月&連獅子ってことで、祖母から譲り受けた唐獅子牡丹の帯を締めました。

RIMG0530.jpg

お太鼓はこんな感じ

RIMG0533.jpg

なんとかもっと獅子が出て来ないかと何度も結び直したんだけどダメだった。。

館内に飾られた大きな羽子板の前で一緒に行った友達と記念撮影。

RIMG0538.jpg

因に何故「獅子」と「牡丹」はセットなのかと言うと、下記の通り。

百獣の王といわれる獅子にも弱みはあって、身体に寄生する虫によってその命をも脅かされることがあります。これが"獅子身中の虫"といわれるものです。どんなに大きく力のあるものでも、内部の裏切りから身を滅ぼすことにもなりかねない、という意味で使われますが、本来は仏典から出た言葉です。  その"獅子身中の虫"を活動させないためには薬になるものを飲まなくてはいけないのですが、その薬となるものが牡丹の花に溜まる夜露。それゆえ、獅子は牡丹の花から離れられない...というわけです。

『歌舞伎美人 歌舞伎 今日のことば』より


nice!(2)  コメント(8) 

年末年始 [着物で外出]

年末年始はやはり着物を着る機会は多いですよね。
つー事でまとめて。

渋谷「ボングウ・ノウ」での忘年会。立ち飲みスペースもあって、気軽に飲めそうなワインの店です。シアター・イメージフォーラムから近いので、映画の後寄れそう。

RIMG0493a.jpg

シルックの鮫小紋を着たのはちょうどその日に森田空美の「きもの時間」を立ち読みしたもんで、グレイトーンのコーディネイトをしたくなったからなんだけど、帯にいいのがなくてさ、シルバーの帯欲しい。


森田空美の「きもの時間」 (ムック/和樂ムック)

森田空美の「きもの時間」 (ムック/和樂ムック)

  • 作者: 森田 空美
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2011/11/17
  • メディア: 大型本



明けて1日は我が家に夫の家族を招いて宴会。2日は私の実家へ宝づくしの飛び柄小紋と幸菱の袋帯というおめでた尽くしで挨拶に。

01.jpg

02 09-39-30.jpg

3日から仕事を初めて、夜は新宿の「つばめグリル」へ。おせちってすぐ飽きるんだもん。

RIMG0506.jpg

9日には夫の実家恒例の川崎大師に初詣。

RIMG0561.jpg

写真をとらなければこのまま出かけるところだった、笑。いつか絶対やりそう。

RIMG0553.jpg


nice!(0)  コメント(7) 

吉例顔見世大歌舞伎 昼の部 [着物で歌舞伎]

第一 早や二十年も御贔屓の御愛顧あつき御言葉に當るを祝ふて

   寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)

          工藤左衛門祐経  我 當
           曽我十郎祐成  孝太郎
           曽我五郎時致  愛之助
             大磯の虎  吉 弥
            化粧坂少将  壱太郎
             八幡三郎  萬太郎
            近江小藤太  亀 鶴
           鬼王新左衛門  進之介
            小林妹舞鶴  秀太郎




第二 お江戸みやげ(おえどみやげ)

               お辻  三津五郎
             阪東栄紫  愛之助
               お紺  梅 枝
             市川紋吉  吉 弥
           角兵衛獅子兄  萬太郎
            鳶頭六三郎  権十郎
             女中お長  右之助
           常磐津文字辰  竹三郎
              おゆう  翫 雀




第三 隅田川(すみだがわ)

             斑女の前  藤十郎
               舟長  翫 雀




第四 与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)

   木更津海岸見染の場
   源氏店の場

              与三郎  仁左衛門
              妾お富  時 蔵
            鳶頭金五郎  三津五郎
          和泉屋多左衛門  左團次
              蝙蝠安  菊五郎

やっとここにたどり着いた、笑。

IMG_1069.jpg

まねきを見るとやっぱりワクワクしますよね。

RIMG0430.jpg

今回は3階最前列の端。前回ど真ん中の席をとったら窮屈でエコノミー症候群になりそうだったので。

一、寿曽我対面
おめでたい華やかな演目ですが、どうかな〜、ちょっと地味な感じがしましたね、メンツ的に。荒事に向かないという雰囲気もあり。あと、我當丈が足を負傷されていたのか、一人で上り下り出来ない状態で、それも気になってしまったと言うのもある。

一、お江戸みやげ
この演目は、震災直後の4月に演舞場で見たんすよね。まだまだ心が塞ぎ毎日が不安、余震におびえている時で、この暖かくて爽やかな芝居がとても心に沁みたんですよ。その時の気持ちを思い出してしまって泣きながら見てしまいました。

三津五郎と梅枝のコンビはその時よりも随分と板についた感じで、テンポも良く楽しめました。

ここでランチタイム。

お昼は四条の高島屋で買った「ひさご寿し」のお弁当。

IMG_1062.jpg

小さくてギュッとしていて可愛い!しかも美味しい。沢山たべられない私には嬉しいサイズ。

食事後は館内をウロウロ。昨年行った夜の部は休み時間が少なくて慌ただしかったけど、今回はゆったりしていました。

RIMG0425.jpg

先代のレリーフ。ありがたや〜、と拝んでおく、笑。RIMG0428.jpg

一、隅田川
えー、これはですね、すみません!!爆睡しました。

一、与話情浮名横櫛
今回の遠征はこれが目的。ニザさまは勿論ですが、菊五郎の蝙蝠安って二度と見られないかもしれないでしょ。

しかし今回一番印象に残ったのは木更津海岸見染の場でニザさまと時蔵がお互い惹かれ合う場面。音楽に会わせて二人がお互いを意識し距離を縮めて行くその動き、そこに流れる特別な空気が見えるようでウットリ。バレエのパ・ド・ドゥみたいにロマンチックでした。

その後はいきなり源氏店の場で菊五郎大活躍。悪いよね〜。悪いヤツやらしたらホントに薄汚くやれるよね、笑。それでいて軽やかってのが江戸っぽいんだよな。ニザ様は相変わらず涼やかなお姿。「すね毛を剃るから冬は寒いので嫌なんです」と言っていたその脚線美にホレボレです。

源氏店から終わって花道をひっこむ時にニザさまと菊五郎で脅し取った金の分け前についてのやり取りがありますが、ここも息がぴったりあっててワクワクしました。先日中村座で勘太郎と七之助の寒〜い、同じようなやりとりを見たところだったので、その違いは歴然。こういうテンポって染み付いてないと。演じてたんじゃできないんだろうな。

さて、芝居が終わってから新幹線の時間までは5時間近くあるわけで、寺町通りを始めその辺の通りをブラブラしながら時間を潰すことに。「その2」で書いた通り伊藤組紐店に行ったり、錦市場を冷やかしたり。

RIMG0441.jpg

それから戻って八坂神社そばの「鍵善」ではつきさんは葛きりを食べて私は薄茶をいただきましたが、この頃にはもう酒、酒が飲みたい〜!と禁断症状、笑。

で、街灯に吸い寄せられる蛾の如く赤提灯に吸い寄せられて祇園の蕎麦屋へ。

RIMG0442.jpg

板わさにビールから燗酒に突入。ああ、しあわせ。

IMG_1074.jpg

その後ざるを1枚食べて終了。

後から調べたらこの蕎麦屋「権兵衛」は観光蕎麦屋として有名だったようです。

評判は賛否両論ですが、混んでるけど静かっていうか、奥の座敷に座ったんですけど良い雰囲気でしたよ。お蕎麦は可もなく不可もなくでしたがそばつゆはどちらかと言えば東京っぽい味でした。

その後は南座に戻って記念撮影。

RIMG0443.jpg

てか、どこ撮ってんの、笑?お願いしておいて文句を言うのもなんですが。

帰りの新幹線は「のぞみ」だったので早かった〜。「こだま」に乗ってみていかに「のぞみ」が早いか実感しましたね。

短い時間にぎゅうぎゅうに押し込んだ旅でしたが楽しかった!今年の年末も京都に行けるように、はつきさん共々1年健康で過ごせますように。



nice!(3)  コメント(8) 

京都南座遠征 その2 [着物で外出]

更新できずにいたら、なんだかもうずーーーーっと昔の事のように思える京都旅行その2。

北大路で「カクカメ」さんから出て来たら既に夕方、冬の一日は短い。そこから地下鉄で四条河原町に向かい、骨董的な布を扱う「ちんぎれや(珍裂屋)」さんへ。

「ちんぎれや」のある「縄手通り」は三条通〜四条通の間にあり、古美術商が多く存在する通りですが、そのつもりで歩いたのは実は初めて。残念ながら時間がちょっと遅かったので既に閉店している店が多かったのが残念。次回はじっくり攻めたいです。

幸いな事に「ちんぎれや」さんはまだ開いていて早速がまぐちを見せてもらう。1,000円〜という情報だったけど、1,000円のモノは意外と少ない、笑。いいな〜と思うとそれなりの値段なのよね。しかしズラッと並ぶ様々な色・模様で作られた可愛いがま口を見てすっかり盛り上がり、何やらヘンな汗が蒸気のごとく吹き出してくる、笑。

あーだこーだと散々迷った末、友人へ豆がまぐちやポーチなどを購入し、自分には豆がまぐちと中がま口を買いました。

saifu1.jpg

豆がまぐちは堺更紗。

saufy3.jpg
中がまぐちは藍染め。

saifu2.jpg
全て5円玉を入れてくれるのがまたいいね!

はつきさんは、お茶道具の楊枝入れなどを購入されてました。これが凄く素敵な色!

お店のご主人が美術館の更紗の図録を見せつつ色々と説明してくれましたが、購入した更紗は200年前のものだとか。他にも更紗を中心とした様々な布、帯、茶道具など見ているだけでも凄く楽しかったな〜。

その後は「古代裂 今昔西村」さんへ。ここがまた大小さまざまな大量の布が収集されている店。着物や帯もあるんですが、それ以上に「布」が大好きなコレクターなんだな〜と。更紗の帯など欲しかったけどまぁ安くても10万円代、無理。

その後、先斗町の居酒屋で食事をしてこの日は終了。

翌日は南座観劇の後寺町にある「伊藤組紐店」さんへ。

こちらでは、三分紐を購入し、羽織紐をオーダー。1ヶ月後に出来上がって来たのがこちら。

himo.jpg

これは出来合いの真田紐を使用しましたが、好みの色に別染したり、帯締めなどは組柄も色々相談してオリジナルを作ってもらえるようです。楽しそう〜!

今回、普段使いの「和」のものをリーズナブルな値段でオーダーできるっていう楽しさ(ちょっぴりだけど)を、京都で味わえた事が嬉しかったなぁ。その町並み同様、歴史のあるものが身近にあり、現在も使えるっていう事にも興奮した旅行でした。

で、肝心の南座についてはまた後日。


nice!(0)  コメント(4) 

京都南座遠征 1日目 [着物で外出]

昨年末、12月10日・11日と1泊2日で南座遠征の為にブログ仲間のはつきさんと京都に行きました。思えばネット上に存在する無数のブログの中で始めたばかりの私のブログをにコメントをくれたはつきさんと、一泊旅行に出掛けるなんてある意味奇跡なんじゃないかと思ったりします。この出会いに心から感謝です。

さて今回の旅行、当初は夜行バスを考えていたのですが、色々検討した結果「東海ツアーズ」の新幹線往復+ホテルのセットなら、バスと金額的に大差ない事が判明。ただし、使える新幹線が限られていて、行きは早朝の「こだま」帰りは深夜12時近くに東京着の「のぞみ」だったんですけど。

RIMG0411.jpg

窓の外には富士山。こだまだとひかりやのぞみよりじっくり見られます。BGVはやっぱりケミカルブラザーズの“STAR GUITAR”でしょ!(向きが反対なのがちょっと気持ち悪いが、笑)





宿泊は新都ホテル。これほど大型のホテルに泊まったのは何十年ぶりかって感じでしたが、フロントのスタッフやポーターも多いし、遅い時間でも宿泊客の出入りが多く、気軽だし安心でいいですね。

私は荷物を極力減らす為に着物を着て洋服をいっさい持たずに出掛けたんですが、早朝出発という事で、お仕事が忙しく残業続きだったはつきさんは洋服で。

到着後、はつきさんが着物に着替えるべくホテルのフロントにお願いしたら部屋を貸してくれました。この部屋、後で分かったけど実は我々が宿泊する部屋。到着したのがお昼前だったので、アーリーチェックインという事になると宿泊料に何%かプラスされてしまうけど、「空いている部屋を貸して欲しい」と頼めばタダなんですね〜。空いてなきゃダメだし、予め予約はできないんですけどね。

南座観劇は2日目の昼の部、と言う事で新幹線の中で1日目は何処に行こうかと話し合ったんですが、色々と紆余曲折あり、道に迷ったり、乗ったタクシーに迷われたりして到着したのが下鴨神社。

RIMG0416.jpg

前に来た時は祖母と母と3人だったんだよなぁ。真夏のもの凄く暑い日で、貴船の川床に行った翌日だったっけ、などと思い出しつつ美しい紅葉を眺める。

RIMG0418.jpg

この神社は凄く澄んだ「気」が流れていて本当に気持ちがいいんだよね。

IMG_1039.jpg

後ろ姿の着物美人は、はつきさん。

RIMG0417.jpg

私は去年と同じ黒の結城。だって一番ラクなんだもん。汚れも目立たないし。帯は定番独鈷柄の博多。だって締めるのが一番簡単なんだもん。多少失敗してもちゃんと形になるし、全通だから柄を気にする必要もない、しかも八寸だから軽い。

ショールは新宿伊勢丹に出店していた時に買った「kusa Kanmuri」さんのもの。アンティークな鶴の柄が気に入って衝動買いしたのだった。

その後、はつきさんがおばあさまが愛用されていた半幅の博多帯と、染色教室でご自身でデザインして染めた布を使った、がま口とバックをオーダーしたいという事で、北大路にある手作り雑貨工房の「カクカメ」さんへ。

ちっちゃな日本家屋が懐かし〜い、感じ。

RIMG0420.jpg

作家であるフンワリした雰囲気の優しいお姉さんと「柄はこの部分を使おう」とか「裏はこの布に」とか「ショルダーの長さはどうしよう」などとワイワイ話しながら出来上がりを想像する楽しさったら(私のじゃないけど、笑)!着物の世界では、小物を含めて普通にある事なんだよなぁ、と、あらためて思う。

単に着尺を仕立てるだけの私の羽織程度のものでも、体に巻き付けながら、どの部分の柄を衿に持って来て背中の柄はどういう繋がりにして、などと先生と一緒にあーでもない、こーでもないと話し合って決めたんだもんなぁ。

この後四条河原町にもどったんだけど、思えばここで「布」マジックに既にハマってたんだろうなぁと思う。

続きは後日。


nice!(0)  コメント(6) 

鎌倉は着物がシックリくる街 [着物で外出]

11月のとある平日、着物仲間と鎌倉へ遊びに行きました。

鎌倉駅から江ノ電に乗って、長谷にある古民家イタリアン「エッセルンガ」へ。丁度やって来た江ノ電が古い車両で何やらタイムスリップな写真が撮れた、笑。

02.jpg

仕事サボって昼から飲むビール程うまいモノはないっしょ!

03.jpg

ランチメニューはパスタのコース2種とメインのコース2種の計4種類を4人で頼んで、みんなでシェアする事に。そうしたらお店の方で最初から取り分けてキレイにお皿に盛ってくれた!気が利いてるな〜。

食べログ読んでちょっと若者向けなのかな?と思ってたんだけど、店も味もなかなかクールだったし場所柄と値段を考えるとかなり良い感じのお店でした。ビオ系の白ワインも美味しかった。

お店の前で記念撮影。

06.jpg

お店の場所はこんな風な民家の塀に囲まれた細い道を進んだ所にあり、ちょっと分かりにくい。

01.jpg

因に、以前に行った事のあるビオワインのとっても美味しかった「ボータン」と「エッセルンガ」は隣接したお店でした。

食事の跡は長谷寺へお参り。羽織って華やかでいいなぁ。

05.jpg

その後鎌倉近くのカフェ「ミルクホール」で一杯飲んで帰宅の途へ。

鎌倉は着物が似合う街っすね。それは京都とも違うし浅草とも違う気がする。季節が変わったらまた着物仲間で行きたいな〜。


nice!(0)  コメント(2) 

平成中村座 十一月大歌舞伎 昼の部 [着物で歌舞伎]

昼の部


一、双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)

  角力場

           濡髪長五郎  橋之助
     山崎屋与五郎/放駒長吉  勘太郎


二、お祭り(おまつり)

            鳶頭鶴松  勘三郎


三、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)

  渡海屋
  大物浦

   渡海屋銀平実は新中納言知盛  仁左衛門
      女房お柳実は典侍の局  孝太郎
            入江丹蔵  勘太郎
             源義経  七之助
           武蔵坊弁慶  彌十郎
            相模五郎  橋之助


11月の平成中村座、夜の部は花道脇の松席3列目に座りました。座椅子があるのですが着物だと足を伸ばして背もたれに寄りかかるというワケにも行かず、結構つらいものがありましたね。
しかし、舞台との近さによる臨場感は格別。花道での殺陣など刀がぶつかるんじゃないかという気さえしました。

それゆえに、2階席とは違い良くも悪くも役者のエネルギーがダイレクトに伝わってきて、「お祭り」の勘三郎に以前のような「張り」がない事に不安を感じました。

肺膿腫と食道亀裂という重い病で倒れたニザ様が、1年間の休養後に復帰した舞台もやはり「お祭り」で、「待っていたとはありがてぇ」のセリフに泪したものでしたが、ニザさまもその後何年かは声があまり出ず「もうだめなのかしら」と心配した事を思い出したり。やはりすぐに元通りというワケにはいかないんだろうなぁ。

一方、今充実の時を迎えているニザ様の知盛は壮絶!その背後には海が見え、次々と襲いかかってくる敵の軍勢が見えるようなのです、マジで。風景が見えるというのはニザさまの芝居を観ていて良く感じること。

他の俳優が平成の世でスカイツリーをバックに「演技」をしているのに対して、ニザ様だけがまさに源平の世を生きていた。つまり、そういう事なのだと思うのです。

この日は紅花染めの真綿の紬に紅型風の帯で出掛けました。良く晴れた隅田川にはスカイツリーがくっきり。

01.jpg

お約束の入口前で。

06.jpg

中村座の売店では組紐や銀細工の根付けなどのお店が2、3軒出ています。あと、お弁当も多分浅草にある老舗のものが売られていて、これがなかなか美味しい。

05.jpg

芝居が終わったのが4時前だったので、アイドルタイムのない「駒形どぜう」本店へ。

02.jpg

たまたま中村座帰りの女性と隣り合わせになったので、酔った勢いで歌舞伎談義に花を咲かせたりして楽しかった〜。

07.jpg

この時点でまだ8時位だと思うんだけど、かなりご機嫌、笑

08.jpg

この日のポイントは実は帯留め。

04.jpg

分かりにくいけど松なのよ。



nice!(0)  コメント(4) 

吉例顔見世大歌舞伎 [着物で歌舞伎]

夜の部


一、歌舞伎十八番の内 外郎売(ういろううり)

        外郎売実は曽我五郎    松 緑
            小林朝比奈    権十郎
             茶道珍斎    亀三郎
            近江小藤太    亀 寿
             曽我十郎    松 也
             大磯の虎    梅 枝
             八幡三郎    萬太郎
            化粧坂少将  尾上右 近
             梶原景時    亀 蔵
            小林妹舞鶴    萬次郎
             工藤祐経    三津五郎


二、京鹿子娘道成寺(きょうかのこむすめどうじょうじ)

  道行より鐘入りまで

            白拍子花子    菊之助
              妙念坊    松 也
              喜観坊  尾上右 近
              雲念坊    男 寅
              阿観坊    小 吉
              仙念坊    團 蔵
              謹請坊    田之助


  梅雨小袖昔八丈

三、髪結新三(かみゆいしんざ)

             髪結新三    菊五郎
             手代忠七    時 蔵
             下剃勝奴    菊之助
           白子屋娘お熊    梅 枝
          家主女房おかく    亀 蔵
           加賀屋藤兵衛    権十郎
             車力善八    秀 調
          白子屋後家お常    萬次郎
            家主長兵衛    三津五郎
           弥太五郎源七    左團次

いかん!忙しくしている内にどんどん溜まってしまっております。自分記録として残しておきたいので11月の演舞場は簡単に。

11月はとにかく菊之助に魅了された月でした。道成寺では若い肉体を存分に活かしたアクロバティックとも思える踊りを見せ、中性的でどこか背徳の匂いのするエロティックな色気を振りまいたかと思えば、髪結新三では粋な江戸っ子勝奴で父・菊五郎の新三と息の合った演技を見せ、江戸の長屋を生き々と蘇らせる。

スっと磨かれたナイフのような色気は、現在の歌舞伎界では鯔背な江戸っ子の雰囲気を唯一醸し出している父とはまた別の味がありながら、しっかりとその本質を受け継いでいると感じられてワクワクしました。

その他11月は菊五郎は勿論、松緑、三津五郎、左團次と、中身のある役者が充実した演技を見せ、久しぶりに演舞場が華やいだと感じ大いに楽しめました。

この日は七世梅幸 十七回忌、ニ世松緑 二十三回忌の追善という事なので、万筋の江戸小紋を着ました。柔らか物を着るのは久しぶりでしたがストンとした重さと肌にしっとり落ち着く柔らかさが気持ち良かったです。

RIMG0286.jpg

帯は悩んだ末演目が「道成寺」という事で桜の洒落袋を締めました。この時期に桜って、と、言われないかとちょっとビクついてましたが、良く見たらお太鼓の絵には菊も描かれているからぴったりじゃん!と自己満足、笑。

sakura.jpg






nice!(0)  コメント(2) 

いつも飲んでいる? [着物で外出]

そういえば、10、11月は仕事が忙しかったので歌舞伎の他では2回しか着物を着なかったようです。

こちらは友達と飲み会。またまた調子に乗って飲み過ぎ、危うく終電を逃しかけて着物で激走。

sancha.jpg

こちらは新宿花園神社の酉の市(一の酉)。

sinjuku1.jpg

この後三丁目の立ち飲み屋へ。

sinjuu2.jpg

相変わらず調子良く飲みまくってます、笑。


nice!(2)  コメント(6) 

平成中村座 十一月大歌舞伎 夜の部


一、猿若江戸の初櫓(さるわかえどのはつやぐら)

              猿若  勘太郎
           出雲の阿国  七之助
          奉行板倉勝重  彌十郎


二、伊賀越道中双六(いがごえどうちゅうすごろく)

  沼津

          呉服屋十兵衛  仁左衛門
              お米  孝太郎
            池添孫八  彌十郎
            雲助平作  勘三郎


三、弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)

  浜松屋より勢揃いまで

         弁天小僧菊之助  七之助
            南郷力丸  勘太郎
           赤星十三郎  新 悟
         浜松屋伜宗之助  国 生
            忠信利平  彌十郎
          日本駄右衛門  橋之助

今回初めて中村座の桜席へ。桜席は幕の内側にあるので普段は見る事のできない、幕が閉まっている状態の舞台の様子が見られるというのがミソ。

役者を近くに見る事ができるのはもちろん、こちらを見ている大勢の観客が目に入るとなんだか自分たちも舞台上にいるような気がしてくるという、非常に興味深い席で大変貴重な経験でしたが、マニア向けと言うか、音のバランスも悪いし舞台も見えにくいし、個人的には一度座ればいいかなと思いました。

芝居の内容に関しては実はあまり書く事がないような。

一、猿若江戸の初櫓
勘太郎の若々しい踊りが晴れやかでしたが、すこし固いかなとも。

二、伊賀越道中双六
冒頭で小山三さんのお元気な姿を観られたのは良かった!当り役と言われる仁左さまの十兵衛ですが、観るのは初めて。吉右衛門の時よりもお米が気に入って、、という雰囲気は薄いと感じました。文楽ではそもそも、お米が妹であるというのを分かっている十兵衛が嫁にという事にしてこの親子を救おうとするという話らしいが、そのあたりも意識しているんでしょうか?

三、弁天娘女男白浪
これは正直ツラかった。七之助は弁天小僧には線が細すぎる。勘太郎演じる南郷力丸との浜松屋では、二人に有名な泥棒の太々しさってものが全く皆無だったもんで、延々と続く空々しい会話にシラ〜っとしてしまい、もの凄い居心地の悪さを感じました。最近上達目覚ましい勘太郎ですが、この手の芝居はまだまだですな。

RIMG0266.jpg

11月6日だったこの日はすごく蒸し暑かったんだけど、さすがに帯付きというワケにも行かず黒の結城に織りの名古屋を締めた上に羽織を着て出掛けました。

羽織は今年の初めに小糸染芸さんの着尺で作った長羽織。

RIMG0253.jpg

こうやって写真に撮ってみるとあらためて小糸さんの染めの美しさを感じるなぁ。

RIMG0272.jpg

こちらの帯は祖母から譲り受けたもの。彼女もよく締めていたという事で汚れてかなりクタクタになっていた上に、重いし短いし幅も狭くてずっと放置していたのですが、いつも着物の手入れをお願いしている悉皆屋さんに仕立て直してもらいました。

まずクリーニングで汚れを落し、足りない部分は黒い無地の布を足してもらい、前の部分は幅出しできるように開き名古屋に。お値段13000円程で十分締められる帯に生まれ変わりました。




nice!(1)  コメント(4) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。